富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

コンバインのお掃除

2006年1月19日 5:07 PM

ようやく、とうとう、ついに!
コンバインのお掃除をしました。

濱田ファームのコンバインは4条刈り。
本当はもっと早く稲刈りができる6条刈りとかが欲しいんだけれど、
何せ高い・・・。
1200万円くらいするらしいーよー。
めちゃくちゃ高級車だぜ。
4条刈りも普通に買ったら800万円くらいするんだけれど、
濱田ファームは運良く、
新古車(演習車、つまり試乗車だね~)を割安で買う事ができたのだ。

大事な大事なコンバイン。
壊れようもんなら即濱田ファームの財政を圧迫するのは必至だ。
だから稲刈り後はコンバインをきれいにきれいにお掃除して、
さらには機械整備をする。
はずなんだけれど・・・。

去年は稲刈り中はもちろん稲刈り後がすごく忙しかった。
まずは稲刈り直後、田んぼへ堆肥を撒く「土作り」、
そして知人に頼まれて手伝いにいっていたりんごの収穫、
さらには大型免許取得の為の教習所通い
この3つが重なって、
とてもコンバイン掃除どころではなかったのだ。

おまけに12月に入ったら大雪が降り、
とてもコンバインを掃除できる状況にあらず、
ようやく今日になったというわけ。

と、いろいろ言い訳を書いてきたけれど、
要はともまるが掃除をしたがらなかっただけのようです・・・。

掃除はコンバインを分解して、
はりついている籾(もみ)や藁(わら)をエアコンプレッサーで飛ばしていく。

簡単そうだけれど、
この籾や藁の破片は「かゆかゆ成分」が含まれているようで、
どうしようもなくかゆ~くなってつらいらしい。

ほら、けっこういろんなものが挟まっているでしょう?
これを飛ばしていきます。

ちょっと掃除しただけで、
こんなにいっぱい出てきました。
あなたたち、今までコンバインの中にいたのね・・・。

掃除の後はさらに機械整備、
オイルチェンジやベルト・チェーンのチェック、グリースアップなどもしなくてはいけないのですが、
これはまた今度。

最後に自分についた「かゆかゆ成分」をエアコンプレッサーで飛ばして
終わりです。

コメント

3 Responses to コンバインのお掃除

  1. かずえちゃん より:

    かゆい成分
    子供の頃に父の実家の稲刈りを手伝い藁を背負って
    棚にかける手伝いをした時のかゆい思いを思い出しました
    なんなんでしょうね、かゆい成分は??

  2. より:

    なんなんだろう。
    かゆかゆ成分、
    なんなんだろうね~。
    私はなるべく近寄らないようにしていたので、
    かゆくならなかったんだけれどね。

  3. ともまる より:

    かゆかゆ成分とは
    かずえちゃんひさしぶり。
    かゆかゆ成分の正体は稲に含まれるケイ酸。
    ガラス質の微粒子だ。
    こいつが皮膚につくとかゆくなるんだよ。
    稲刈りしてると痛くなってくるくらいだ。
    まあ徐々に慣れてはくるけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です