富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

2006.2月の記事

平成17年度産のお米、完売しました!

2006年2月14日 11:58 PM

昨日大量の予約注文が入ったため、
平成17年度産のお米が完売しました!
本当にありがとうございます!!

実は直売用に取っておいたお米以上の予約が入ってしまったため、
自家消費用のお米を少し販売することになってしまいました。

それ以外にも同じく昨日、
予約をしたいというお申し出があったのですが、
もうさすがにこれ以上自家消費のお米をだすわけにもいかず、
大変申し訳なかったのですが、
丁重にお断りさせていただきました・・・。
これが、
ほんと~に辛かった!!
だって、
我が家のお米をおいしから買いたい!
って言ってくれる人がいるのに、
それにもかかわらず売るお米がないんだよー。
本当にごめんなさい、申し訳ない。

まだ2月中旬。
新米がでる9月下旬まであと7ヶ月もある。
直売ができないのがすごく辛いです。

でもちょっと前まで、
大量の米袋のパレットを前にして、
これ本当に売れるんだろうか・・・・と心配していた私たちですが、
これで少し直売の自信が持てたような気がします。
18年度産についてもがんばるぞ~!

さて、
私たちは2月16日から3月1日までの間、
沖縄での結婚式と新婚旅行のため留守にしております。
ということで、このブログもちょっとお休みです。

たまには姫農園。

2006年2月13日 5:30 PM

ともまるは毎日、
午前はみそ加工所でのお仕事、
午後は溶接だったり米の発送だったり家庭教師だったりお休みだったり・・・。

姫は今日久しぶりに姫農園の様子を見に行ってきました。
見に行ってきたって大げさだけれど、
でもすぐ近くにあっても冬はなんだか行く気が起こらないんだよねぇ。
まぁ、でもたまには様子を見に行かなくては!
しかも明々後日から長期で留守にするので、
その前にも一度世話をしなくっちゃね。

まずは、
先日植えた葉物野菜の様子から。

けっこう成長してきました。
これは水菜かな?
こんなにいっぱい植えてどうやって食べきるんだろうかと、
今からちょっと不安・・・。
かる~く油かすをまいておきました。

秋に植えたブロッコリーも無事収穫。
けっこう簡単にできました。
春まきは虫にやられる事が多いようだけれど、
秋まきはなかなかいいかも♪

白菜(写真が横むいてる・・・・)。
虫にやられまくっているけれど、
何枚も葉をむしっていけばきれいな白菜が姿を現すので大丈夫。

これは芽キャベツ。
収穫するのがけっこう大変で、
そのまま放置していたら巨大な芽キャベツになってきた、どーしよー。
と言いつつ、やっぱりもう少し放置。

人参も取っても取っても次から次へと成長してくる~。
と、
うれしい悲鳴がこだまする姫農園でした♪

確定申告準備終了!

2006年2月12日 11:21 PM

この何ヶ月間か、
姫の頭を悩ませ続けた確定申告の準備が晴れて終了しました!!
あとは提出するだけ。
わ~い、わ~い!!!
もう、開放感いっぱい♪
これで後は遊ぶだけだーっ!!

終わってみれば確定申告って、けっこう楽勝?!
と余裕うそぶく姫ですが、
やっぱり自分自身でやってみて初めて、
経営状況や改善すべき点、来年の目標などなどを見直すことができます。

といいつつ、
ふむふむ、経費はこれくらい使っても大丈夫なんだな、
よし今年は何買おう?むふふ、
と経費の横領をたくらむ悪い私です、ふふふ。
(うそ。)

簿記漬けの日々

2006年2月10日 10:56 PM

確定申告前のこの時期、
簿記漬けの日々を送っています。
かなり漬かってきました・・・・。

今日・明日は農業簿記ソフトを使っての、
確定申告を作る講習。
ソフトを使えばただ数字を入力すればいいだけなんだけれど、
でもそこは農業簿記。
稲得(いなとく。意味不明でしょう?)の場合の入力方法とか、
転作の奨励金(これも一般の方には?だよね)は
雑収入ではなく事業者借でいいとか、
まぁ、いろいろコツがあるようです。
って、私にはぜんぜんちんぷんかんぷんなんだけれど・・・。
ただ言われた通りに入力しているだけです。

で、あんな裏技やこんな裏技を屈指して、
青色申告控除の65万円をひいたら、
最後の数字がマイナスになってしまった!
濱田ファームって大丈夫なん?

溶接

2006年2月8日 11:16 PM

今日は溶接の練習をしてきた。
必要に迫られて先輩に教えてもらった。
先輩といっても自分のオヤジくらいの人やけど。
その人苗運ぶがに台車を使っとる。
ビニールハウス内にレール敷いて、その上をトロッコのような台車で苗の乗ったパレットを運んでいく。
これは画期的やな。
今まではパレットを軽トラに積んで運んだり、軽トラ入れんハウスは手で運んだり。
苗を並べる機械まであるくらいやからな。
苗作りで重労働なのはこの苗運びやと思うし。
一枚2キロくらいになる苗箱をしゃがんで並べるがは嫌やわなあ。

そんでそのトロッコ台車とレール固定する台を作るのに溶接が必要やったがよ。
作っとる本人から教えてもらうがが一番早いかと思って。
農協の知り合いに紹介してもらって今回の機会となった。
いろんな工具がそろっとって小さな鉄工所みたいやったよ。
溶接の前に高速カッターで鉄板を切断するとこから。
次はそれにボール盤で穴開け。
ようやく本題となるもこれがなかなか。
簡単には溶接できんがいちゃねー。
鉄板と溶接棒(?)の微妙なタッチが難しい。
火花直接見ると目痛くなるし。
結局2枚ほどしかできんかったわ。
ちなみに必要枚数は20枚。
しばらく通わんなんな。

  • 最近のエントリー

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 新着コメント