富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

溶接

2006年2月8日 11:16 PM

今日は溶接の練習をしてきた。
必要に迫られて先輩に教えてもらった。
先輩といっても自分のオヤジくらいの人やけど。
その人苗運ぶがに台車を使っとる。
ビニールハウス内にレール敷いて、その上をトロッコのような台車で苗の乗ったパレットを運んでいく。
これは画期的やな。
今まではパレットを軽トラに積んで運んだり、軽トラ入れんハウスは手で運んだり。
苗を並べる機械まであるくらいやからな。
苗作りで重労働なのはこの苗運びやと思うし。
一枚2キロくらいになる苗箱をしゃがんで並べるがは嫌やわなあ。

そんでそのトロッコ台車とレール固定する台を作るのに溶接が必要やったがよ。
作っとる本人から教えてもらうがが一番早いかと思って。
農協の知り合いに紹介してもらって今回の機会となった。
いろんな工具がそろっとって小さな鉄工所みたいやったよ。
溶接の前に高速カッターで鉄板を切断するとこから。
次はそれにボール盤で穴開け。
ようやく本題となるもこれがなかなか。
簡単には溶接できんがいちゃねー。
鉄板と溶接棒(?)の微妙なタッチが難しい。
火花直接見ると目痛くなるし。
結局2枚ほどしかできんかったわ。
ちなみに必要枚数は20枚。
しばらく通わんなんな。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です