富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

沖縄農業事情

2006年3月2日 4:38 PM

昨日着くはずが富山空港上空天候不良のため羽田に引き返すはめに。
今日早朝無事帰宅。
最後のこれなかったらハプニングなしやったいけどなあ。

それにしても沖縄は暑かった。
晴れたら短パンTシャツ。
泳いどるやつまでおったくらいやから。
そんな気候やから二期作は当たり前。
なんと三期作(!)までやっとるって言わいから。
品種もいろいろあるらしい。
コシヒカリって言っとったけど信じられんなあ。
味はたいしたことないがいと。
まあ年三回もとったら農家はもちろん田んぼもたまったもんじゃないわ。
どんないい田んぼでも痩せてくちゃ。

本島ではタバコの栽培も盛ん。
露地でマルチして植わっとらいからね。
たいしたもんやわ。
あとハウスで作るマンゴーね。
立派な施設やったけど台風で持ってかれんまいか・・。
読谷は紅芋の産地。
紅芋使ったお菓子やら加工品が山ほどあってね。
芋が足りんって嘆いとった。
サトウキビはどこでも作っとったね。
ちょうど収穫時期らしくサトウキビ満載のトラックがいっぱい。
刈り取り機もでかかったよ。
それでも手作業が多いみたい。
ナタみたいなもんで刈り倒したり葉落としたり。
バイトもたくさん使ってやっとった。
こっちの稲刈りと一緒やね。

離島ではパッションフルーツで財をなしとったり。
肉牛、ヤギ、コーヒー、パイナップルと。
亜熱帯の農業を垣間見ました。

コメント

One Response to 沖縄農業事情

  1. 富山 - 羽田線 ボーイング767型 ANAスーパーシート

     ANAでは2005年11月より順次ボーイング767型機にもスーパーシートを設置しております。今までは主に幹線でしか体験できなかったスーパーシートが地方路線にも進出してきました。
     その中で、ボーイング767型機での運行がとても多い羽田-富山線。今までは1日1往復ボーイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です