富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

種籾の浸種

2006年4月7日 3:22 PM

昨日から始まった種籾の仕事。
ご紹介した以下の田植えまでの行程、

①消毒
②浸種と水入れ替え
③催芽
④風乾
⑤播種
⑥ハウスへの苗だし
⑦育苗

のうち、
本日は②の浸種です。

浸種(しんしゅ)は、
文字通り、種を水に浸(ひた)す事。
十分に吸水させて、
発芽のための生理活性を揃えるんだとか・・・。

24時間消毒した種籾を、
ひとまわり小さいタンクへ移していきます。

これに水を入れるのですが、
忘れずに水温計をセットしておきます。
浸種に適した水温は10~15℃。
生理活性を高め、さらに芽をそろえる効果が高いんだって。

くんできた井戸水を注入。
水は2日に1回交換します。

水温は13℃くらい。
自噴している水は1年を通してだいたいこの水温です。
夏冷たく冬温かい。
このあたりの最高の自然の恵みです。

浸種の期間は、
積算温度で100℃が基本。
水温が13℃であれば、
7日間程度したら次の③催芽の行程に入ります。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です