富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

耕起 2

2006年4月12日 11:35 AM

2日目の耕起。
田んぼは相変わらずやわらかいけれど、
この先もお天気が不安定そうだし、
とにかく耕起が遅れているので、
今日はできるだけやっつけてしまう事に。

手前の田んぼは耕起前。
奥の田んぼが耕起後。
わかりますでしょうか・・・?

ではアップで。

耕起前。
去年刈り取った稲穂の切り株が残っています。

これをトラクターで起こすと・・・

耕起後。
ほら、
こんなにきれいになめらかになります。

トラクターの後ろでひっぱられている作業機。
このするどい爪で田んぼを起こし、
そして整地板で土の表面を滑らかにしていきます。

ともまる仕様にいろいろな工夫がされているこのトラクター。
一番の注目は、
トラクターの前についている緑色のかごです。

田んぼを起こしていると、
一冬の間にびっくりするくらいゴミがたまります。
もう、
それはほんと、
さまざまな種類のゴミ。
特に、
裏道として使われているような舗装された田んぼの中の道脇には、
飲み物の缶やらペットボトルやら食べ物のごみやらがいっぱい。
お願いです、
ゴミは捨てないでください・・・・。
ほんと、
お願い・・・。

中にはたばこの吸殻ももちろん捨ててあるんだけれど、
これが一本ならまだわかるけれど、
いかにも灰皿からままとめて田んぼに捨てました、
と言わんばかりの大量の吸殻を見ると、
もう、
なんていうか、
悲しくなります。

そんな田んぼのゴミを、
トラクターで起こしながら見つけてはかごに入れていきます。

今日もゴミがいっぱいだったなぁ、
やれやれ。

コメント

4 Responses to 耕起 2

  1. 自動車屋 より:

    同感
    この前 浜掃除に行ったときもあまりにも多い生活ゴミ(主にペットボトル)に怒るのをこしてため息の連発でした。一つ一つ拾うのは本当に大変なんだけどねー

  2. より:

    自動車屋さん
    ほんとうに、
    浜辺にもゴミが多いよね~。
    皆さんどうしてゴミをゴミ箱に捨ててくれないんだろう・・・。
    不思議です。

  3. apple より:

    ふしぎっ?
    ’不思議’の言葉につられて来てしまいました~。
    ホント、不思議ですね。
    こういうのを見ると がっかりした気持ちになりますね・・・。

  4. より:

    appleさん
    ようこそ「不思議」さ~ん!
    本当に、
    怒りを通り越してがっかり、
    そしてしょうがないとあきらめの境地に至ります・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です