富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

企業秘密(耕起編)

2006年4月13日 10:28 AM

田んぼ作業の基本は耕起。
とにかく田んぼ全体が起きとればいい。
でもね、やり方は千差万別十人十色。
誰も教えたがらんし見とってもわからんもんやわ。
今日はそこんとこをちょこっとだけ解説するちゃ。
農家は結構企業秘密つって隠したがらいけど、濱田ファームは隠し事なしでいくよ。

トラクターは商売しとらは後ろの作業機。
だから常に後ろ見ながら運転せんにゃならん。
この体勢は腰に来るがいちゃ。
ついでに言っとくとこのトラクターはパワクロ言うてね。
見てのとおり後ろのタイヤの代わりにクローラー(キャタピラ)付けとる。
こいつは田んぼの中では最強やわ。
直進性高いがとターンのとき田んぼを傷める(深く掘り返す)ことが少ない。
ただし、道路に出るとクローラーから大量の泥落とすから、掃除大変ながいけど。

田んぼにトラクターのタイヤの跡を残さんことも大事。
耕起し終わってタイヤの跡残るとみっともないもんやよ。
水もたまるし。
そうならんように田んぼの外周最終ラップにコツがあらいけど、これを説明するがは文面やと無理。
見に来てくらっせ。

作業機の回転数は540rpmにあわせる。
PTOが1やろうと2やろうと耕起のときは540rpmにしとる。
うちの作業機は2mしかないから耕起も時間かからいちゃ。
3反分で1時間半くらいやな。
田んぼの四隅にはどうしても土が寄るからそれを戻したりする時間もあるね。

耕起でその年の地盤が決まる。
田んぼの深さやね。
うちは浅く越こしとる。
深起こしのほうが根が土の深いところまで張っていいって言うけど、逆じゃないかなあ。
根を過保護にするんじゃなくムチ打たんと。
硬い土のところには「がんじょい」根張ってくれると思うよ。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です