富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

苗箱並べ作業

2006年4月23日 4:25 PM

種籾の消毒から始まり播種をして、
さらには先日ハウスへ苗を搬入し、
そして今日、
ようやく苗箱をハウス内に並べる作業をしました。

以下、
行程のおさらい。

①消毒
②浸水と水入れ替え
③催芽
④風乾
⑤播種
ハウスへの苗だしパート① パート②
⑦育苗

さて、
本日の苗箱をハウスに並べる作業のご紹介。

まずは無加温でちゃんと出芽(≒発芽)しているかどうかを確認。

おお~、
ちゃんと芽が出ています!
もうちょっとアップで・・・。

ほらね♪
上段部分はご覧のような出芽具合でしたが、
下段部分は少し温度が低かったのかここまでは出芽してなかったけれど。
まぁ、大丈夫でしょう。

この苗箱を一枚一枚きれいに並べていきます。
こ、これが、
けっこうきつい!!
これまた微妙な重さで、
すごい重いわけではないけれど、
でも2箱一緒に持つのはつらい・・・。
ともまるは本気出して3箱づつ運んでたけれど、
私は無理せず1箱づつ。

隙間なくきれいに根切りシートの上に並べていきます。
これがまた腰にくる~っ
しかもハウスの中は蒸し暑い!
窓を開けても25度くらい。
けっこう汗をかく作業です。

トロッコを移動させながら、
どんどん苗箱を並べていきます。
ちなみに今日のアルバイトは、
ともまるの妹その1さん。
今年で育苗作業3年目の、
濱田ファームきってのベテランです(?)。

苗箱約800枚、
ハウス一面に並べ終えるまで、
所要時間約2時間。
お疲れ様でした~。

それから覆土を落ち着かせるための潅水(水やり)をします。
苗箱の真ん中に道ができているのは、
潅水作業のため。
今後は土の乾き具合に応じて潅水をしていきます。

さらに寒冷紗をかけて、
白化苗を防ぐため遮光します。

さて、
これからはいよいよ最後の段階、育苗の行程に入っていきます。
ハウスの温度管理に注意が必要な期間に入り、
お天気に合わせてハウスの開け閉めを行い、
がんじょい苗を作っていきます。

コメント

2 Responses to 苗箱並べ作業

  1. AKI より:

    はじめまして。
    はじめまして。
    TBありがとうございました!

    800枚!凄いですね。これこそ圧巻です・・・(笑)。
    そして、ハウス内にトロッコまであるなんて。びっくりです。やっぱり違いますね。

    でも、本当にお疲れ様でした!

  2. より:

    こんにちは!
    AKIさん、こんにちは!
    あの、素敵なイラストを描いていらっしゃるAKIさんにコメントをいただけるなんて、
    すごくすごく感激です。
    ありがとうございます!!

    昨日2回目の播種がありました。
    また800枚。
    ということは、
    また1週間後くらいに苗箱並べが待っています。
    辛いけれど、
    がんばるぞ~っ!!
    あっ、でも、
    子牛マッサージ予約しとこうかな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です