富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

第二回、種籾の播種

2006年4月27日 4:56 PM

第一回目の播種に続き、
本日第二回目を行いました。

いや、
いっぺんに播種をやろうと思えばできるんだけれど、
でも、
その後の田植えがいっぺんにはできないので・・・。
ずっとハウスで田植えを待つ苗は、
成長しすぎて田植えに適さなくなってしまうので、
2回に分けて調整しているのです。

2回目の播種までには、
1回目と同様の行程、
①消毒
②浸水と水入れ替え
③催芽
④風乾
と同様に、
耕起やら荒くりの合間にやっていました。

そして2回目の播種。

特に絵的になんら変わりがないように見えるかもしれませんが、
ふっふっふっ、
実は、
作業体勢に大きく異なる秘密兵器を投入したのです!!

それが、
これ。

台をのせて播種の機械の高さを上げてみたのです!!

いや~ね~、
素人の私はかねてから不思議だったんです。
何でこの播種機はこんなに低いんだろうって。
苗箱を置くのも取るのも、
腰に負担がかかってつらいのに。

だからともまるに聞いてみました。
「何て播種機ってこんなに低いの?
もっと高くしたら楽なのに。
高くしたら何かいけない事があるの??」

そしたらともまる、
「わからない」と・・・・。

だったら高くしよーぜー、
と話がまとまり、
本日試してみたところ、
非常に作業がしやすいではないですか!!

ほらね、
苗箱を置くのも、
高いと楽でしょ?

何故に今まで低い位置で播種して、
つらい思いをしていたのか・・・。

素人の疑問も、
時には役立つものです、ふふ。

そして今日の作業は、
播種機も非常に順調で、
あっという間に終わりました。

でも私、
最後にしでかしちゃったんです

軽トラで苗箱を作業所からハウスへ運ぶ時に、
ちょっとスピードが出ていたみたいで、
カーブするところで苗箱を道路にぶちまけちゃったんです
かる~く20箱くらい・・・。
ほんとーに、
申し訳ございませんでした!!!
以後気をつけます!!!

明日からは、
ハウスで育苗中の1回目の苗と2回目の苗の両方の管理が始まります。
微妙な温度管理が必要だわ。
がんばろっと

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です