富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

2006.6月の記事

大麦に大問題発生?!

2006年6月30日 8:36 PM

6月中旬に刈り取った大麦

今年も豊作だったねぇ~、
と安心しきっていたら、
農協から電話が。

「濱田さんの大麦に実は大問題が発生して・・・・」

これを聞いたときは、
ともまるも私もかなり落ち込みました。
いったい何があったんだろう?
何か混じってしまっていたんだろうか?
それとも大麦そのものの品質が悪かったとか?

デリケートな私(?)はお腹まで痛くなる始末。

そんな電話を受け取った後、
直接担当の方がうちまで来ました。

そして、
大問題の内容とは・・・・

「濱田ファームの大麦が黒部で一番品質が良かった」

それを聞いたら、
一気に安堵して崩れそうになりました!

担当の方が、
わざと大問題なんて言い方で、
びっくりさせようとしたみたいです。
本当に、びっくりさせられました。

それにしても、
良かった、
本当に良かった。
そして、
すごくすごくうれしかったです。

ともまるの頑張りももちろんあると思いますが、
支えてくれたともパパ&ともママ、
そして農協や普及センターの方、
もちろんお友達の方、
みなさんのお陰だと思っています!
本当にありがとうございました!!

これからもいい大麦、
そしておいしいお米を作っていきたいと思いますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

芝貼り付けぇいっ。

2006年6月29日 7:10 PM

芝のその後から10日間程。
今日とうとう芝を畦に貼り付けてみました。

というのも、
もう畦の雑草の勢いがとまらない、とまらない。
実は昨日も今日もずーっとともまるは、
畦の草刈り地獄におちいっていたのです。
もうそんな境遇に我慢できなくなったともまるは、
畦に芝生を貼る事に!

まずは芝生を育てていた苗箱をハウスから運んできて・・・

芝を箱からはずしていきます、
そう、こうやって、
くるくると巻きながら。

何だか、
ロールケーキみたいでしょう?
ちなみに白い部分は芝の根っこです。

あとは、
畦に並べていくだけ。
お水をちょっとあげて、
後は芝生の生命力にまかせるのみ。

こちらは去年ためしに芝生を貼ってあった畦。
芝生ともみがらマット(土の代わりのようなもの)を交互においてあります。
雑草も全く生えないわけではありませんが、
それでも極わずか、
芝とマットの間から生えてくるだけなので、
草刈りはほとんど必要ありません。

何もしてない畦は、
少しでもほっておくとあっという間にこれだからね。
しかも草を刈っても刈っても次から次へと生えてくる。
その労力を考えると、
芝生はなかなかいい雑草対策になりそうです。

間断かん水

2006年6月28日 2:59 PM

中干し(田んぼを乾かす)をする為に、
これまで溝切り機やブームスプレイヤーを使って
一生懸命溝切りをしていた事をお伝えしていましたが、
(詳しくはこちら
順調に中干しが完了。

中干し後の田んぼ、
今度は「間断かん水」で水を管理していきます。

「間断かん水」、
簡単にご説明しますと、
1日水を溜めて、2-3日水を抜く、ということです。

という事で、
しばらく水管理から開放されていましたが、
めでたく再開~。

これまでの水管理は、
水がなくならないように水を入れるだけだったので、
水が入ってくる水口(みなくち)だけを調節していればよかったのですが、
今度は水を抜くという作業も伴ってくるので、
水口だけでなく水を出す尻水戸(しりみと)も調節しなければならず、
けっこうめんどくさいらしいです・・・。

雑草との戦い@田んぼの中

2006年6月27日 4:45 PM

田植えから1ヶ月ちょっと。
稲もこんなに立派にすくすくと成長しています。

と同時に、
雑草たちもこれまた立派にすくすくと成長しています。

えっ?
わからない?
ではアップで見ていただきましょう。

一面に広がって成長している憎っくき雑草。
これはまだまだましな方ですが、
もう少しこのままほおっておくと、
あっという間に稲の高さを追い越してしまいます・・・。

以前アップした雑草との戦いは、
田んぼの外、畦での激闘でしたが、
今度は田んぼの中のお話。

この雑草をやっつける手段は、
やっぱり除草剤しかないんです、はい。

手で取ればいいじゃーないかー、
とも思ったりもしますが、
でもそれはちょっと現実的には難しいのです・・・。

何せ濱田ファームの田んぼ全部で8町。
8町=80反=8ha=80000平方メートル=24000坪。
2万4千坪ですよぉ~っ!!
この広さの田んぼを手でやっていたら、
ひと夏終わっちゃいそうです、
っていうか、
終わる前にまた次から次へと雑草が生えてることでしょう。

除草剤も農薬も使わない農業はある意味理想ですが、
現実はなかなか難しいもんです。

ということで、
ブームスプレイヤーで除草剤を散布しました。

といっても、
結局これでも雑草が生えてくるので、
あとは必殺、「テデトール」を使うしかないんですがね。

夏の暑~い時期に、
テデト~ルはかなりつらいもんがありますが、
がんばりますよぉ~。

注:テデトールとは雑草を手で取ることです。

黒部川

2006年6月26日 4:39 PM

今年の富山県の入梅は、
6月15日でした。
観測至上最も遅かった去年が6月27日、平年が同10日、だそうです。

それにしても、
梅雨入りしてからここ富山ではほとんど雨が降っていない・・・。
というよりも、
いいお天気が続いた日もあった。

こうなってくると心配なのは水不足ですが、
我が濱田ファームの水源である黒部川は、
お水がとっても豊富な川なので大丈夫なんだそうです。
って、
皆さんおっしゃるので、
たぶんそういう事なんでしょう。

黒部川。

水源は北アルプスの鷲羽岳(わしばだけ)。
川全体の8割が深い山の中を縫うように流れ、
黒部峡谷と呼ばれています。
観光客の方にはトロッコ列車がよく知られています。

山を抜けるとこんどは、
黒部川扇状地と呼ばれる大きな大きな扇状地を形成してるんです。

この扇状地に、
我が濱田ファームの田んぼがあります。
黒部川の豊富な水量のおかげでこの地域は湧き水が多く、
黒部川湧水群として名水百選のひとつにも選ばれているんですが、
もちろん濱田ファームでもこの水を使って育苗していま~す♪

また量が多く高低差もあるため水力発電に有利な条件を備えているそうで、
「くろよん」は全国的に知られていますよね。
実は、
富山に生まれて35年のともまる、
この「くろよん」を見たことがないとか!!
そーなんです、そーなんです、
黒部ダムって、
地図上では近いのですが、
道がないのでぐる~っとまわって行かなくてはならず、
ものすごい時間とお金がかかるんです。
でも、
いつかは行かねば!

黒部川の恩恵に感謝しつつ、
今日もともまるはお米作りに励んでいます!

  • 最近のエントリー

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 新着コメント