富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

アグリユースフェスティバルのご報告

2006年7月7日 4:12 PM

1泊2日のとやまアグリユースフェスティバルから
ともまるが帰ってきたので、
そのご報告を。

参加者は20・30代の青年農業者が40数名、
そして関係者(富山の農林水産部や農業普及指導センターの方など)が30名ほど。

このフェスティバルの目的は以下の通り。

この先の農業を担う青年農業者が集まって、
日頃の農作業で得た知識や技術などの交換をすること。
また互いの交流をはかること。
農業者としての自信と誇りを醸成すること。

参加した青年農業者は、
さすがに青年というだけあって、
見かけは今時の若者だ。
髪型も自由奔放(笑)
この中ではともまるは最年長の部類。
見かけもおっさんだ。

こんなに農業をしている若者っているんだなぁ。
この周辺ではまず見かけないのが、
ちょっとさびいしいなぁ。

さてこのフェスティバルではまず、
技術協議というものをやった。
それぞれの団体に分かれて、
(濱田ファームはKUUファーマーズ所属。
黒部・宇奈月・魚津のそれぞれの頭文字をとった若手農業団体。)
壁に貼られた農業に関するクイズ形式の問題に答えていく。

質問はかなり専門的なこと。
私にはちんぷんかんぷん、
だけれど参加していた方にも難しい質問だったのでは?
でもこれを通して農業に関するいろんな事を学べたはず。

ちなみにKUUは見事2位!
いぇ~い!!

お次は、
分科会といって、
稲作や園芸などのそれぞれの科に分かれて、
自由に意見を出し合うことにより見識を高めていく。

その後話し合った内容をキャプテンが皆の前で発表。
この写真で前にたって話しているのが、
ともまる。

最後に、
情報交換会という名の飲み会。
ただただ飲みまくる者(中には暴れる者もいるとかいないとか?!)もいると思われますが、
富山県内の若手農家の方と、
若手ならではの話し合いができて、
それはそれでいろいろな発見があって有意義なものだったようです。

さて濱田ファームは、
明日・明後日と2連休♪
ちょっとお休みをいただきま~す。

コメント

2 Responses to アグリユースフェスティバルのご報告

  1. tune より:

    若気の至りじゃ済まんぞ!
    大変だったのよアグリユース
    砺波のやつが訳分からんことで、県の職員の人たちに怒鳴ったりしてね~
    なんとなく僕が人柱になったみたいでさー
    ともまるも助けに来なかったんだから(笑)
    くわしくはともまるに聞いてちょ

  2. ともまる より:

    人柱?
    大変やったですねえ。
    やっとおらんがなったかと思ったら次これかよ~って感じ。
    ヤツはいつか永久追放。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です