富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

テデトール

2006年7月16日 6:25 PM

以前雑草との戦い@田んぼの中でちらっと触れたテデトール。

雑草との戦いでの最終手段である、
テデトールの季節がついに始まってしまいました!!

この先稲刈りの間までの仕事は、
穂肥(ほごえ=肥料散布)と防除(病気と害虫の予防)以外は、
常にこのテデトール。
つまりほぼ毎日テデトールという事です。

テデトール=手で取る、
つまり雑草を手で取るという、
大型機械化された米作りの中で最も原始的な作業でございます。
体力的にはもちろん、
精神的にもかなりつらい作業。

このテデトールが始まっちゃったわけですね~。
ご愁傷様です、ともまる先生。

成長した稲の、
まるで緑の海原の中を漂っているともまる。
よ~く見ると、
手にはカマが。

何をしているかと言うと、
田んぼの中を歩き回って雑草を見つけては、
腰をかがめて雑草を手で取っております。

田んぼの中には、
よ~く見ると、いえ、よ~く見なくても、
草がうようよ。
全てをとるのは不可能なので、
どうしてもとらなくてはいけない種類の雑草だけをとります。
ちなみに、
この雑草たちはとらない。

でも・・・

この雑草は必ずとる。
どこに雑草があるかわかりますでしょうか?
通路の中にひとつだけ別に生えている、
まるで稲の同じような姿形の、これ。
これがヒエ。
見つけ次第抹殺です。

ヒエは、
このままにしておくと、
ものすごい量の種をばらまいてしまって、
翌年以降の田んぼがヒエ畑になってしまうからなのです・・・。

ヒエをとったら、
後ろのかごへ。
この時期はまだ雑草も少ないのですが、
8月になるとこのかごがすぐにいっぱいになってしまいます。

かごがいっぱいになったら軽トラへ。
ひどい時には、
田んぼ1往復テデトールするだけで、
かる~く1時間かかってしまう事もあります。
いったい何往復すれば田んぼ1枚が終わるんだろう・・・
あまりにも果てしない作業だ・・・

こんな地道な作業で、
これから先の暑い暑い夏をすごさなくてはいけないともまるです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です