富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

2006.9月の記事

稲刈り後の仕事? ~乾燥調整~

2006年9月19日 9:50 PM

5日間の稲刈りを通して、
これでもまだ3分の1が終わっただけ・・・。
まだまだ先の道のりはかなり長そーです。

今日は雨もぱらぱら降っていたので稲刈りは断念。
去年までだったら、
雨が降ったらお休み~!と身体を休められていたのですが・・・

今年は違います!休めません!!
それは何故かと言いますと、
それこそが昨日のブログで最後に意味深に書いた
「秘密」のせいなのです~っ

去年までは、
稲刈りはただ稲を刈ってさえいれば良かった。
今思えばかなり楽チン。
稲を刈って、
そしたら籾を乾燥施設に持っていって、
持って行ったら向こうで勝手に籾を引き取ってくれて、
それで以上終了。
あとは向こうがいつの間にか籾から米に変えてくれて、
さらにはお米の一部を出荷までしれくれていたのだ!

ところが今年は他人任せにはせず、
稲を刈って、
さらには籾を米にする過程を自分達でやっている。
いや、
多くの農家の方がその過程を当然のようにしていると思うのですが、
何せ私たちは初めての経験。
稲刈りだけでもアップアップしているのに、
それ以外の仕事がこんなにもあるなんて思いもしなかったのだ~っ

ということで、
今日は私たちを苦しめている稲刈り後の仕事、
題して「籾から米へ」をお届けいたします。

記念すべき第1回の今日は、
「乾燥調整」。

まず、
刈り取った籾を籾コンテナに入れて、
濱田ファームの作業所へ運びます。

籾コンテナからホースをつないで、
乾燥機に張込(はりこみ=籾を乾燥機に入れること)ます。

この背の高いのが乾燥機。
去年まではこれがなかったので乾燥施設に運んでいたのですが、
今年からはこれが濱田ファームに仲間入り♪
いただき物が多い濱田ファームですが、
もちろんこの乾燥機もそう。
近所の方でもう米作りをやめられた方から譲り受けました。
ちなみにこの乾燥機ともう一台の別の乾燥機も、
これまた違う方からいただきました。
ご高齢の方で米作りをやめられる方が多くて、
若い(?)私たちにこういったものを譲ってくださいます。

刈った籾は、
刈り取り後4時間以内に乾燥機へ張り込み送風。
2・3時間の送風後に乾燥を開始。
生の籾は水分が20%以上ありますが、
乾燥機で15%くらいに落とします。
だいたい一晩くらいでできるかな。

ボタンひとつで水分の仕上がりを設定できますが、
水分計という機械でこまめにチェックして仕上げていきます。

仕上がったら、
乾燥後の籾をためておくタンクへ排出して乾燥機を空にします。
じゃないと、
またすぐに稲刈りした籾が運ばれてくるのだ~。

さらにはさらには、
乾燥後の籾をためておくタンクも
そのままにしておくと満タンになっていくので、
今度はこの籾の籾摺り(もみすり=籾殻を取り除くこと)をしていかなくてはいけない・・・。
この作業が全て稲刈りと平行して行われるもんだから、
ともまるはもちろん私もいっぱいいっぱい状態。

刈らなくちゃいけない稲はまだまだたくさんあるわ、
でも刈る前に乾燥機を空けなくちゃいけないわ、
その前に籾タンクを空けなくちゃいえないわ、
もう、
き~っ

その様子はまた明日にでも・・・。

稲刈り5日目

2006年9月18日 9:17 PM

台風の影響で、
今日の黒部はフェーン現象で35度近くまで気温が上がりました!
熱風吹き荒れる中、
稲刈り5日目も無事終了。

今日は、
ともまるの妹さんその1&その2の、
それぞれのだんな様がお手伝いに来てくれました~。
本当に助かりました!
ありがとうございます!!!

とりあえず何とか生きています。
皆様ご安心ください。
でも今日はここまでで力尽きそうです・・・。

何故に今年の稲刈りはこんなに忙しいのか?!
去年まではこんなんじゃなかったのにっ!!
それは、
それは、
それは、
その秘密はまた今度にでも・・・。

稲刈り4日目 ~コンバインの機能編~

2006年9月17日 9:13 AM

あ~、
だんだんその日その日のうちに記事をアップできなくなってきた~。
今日の記事も昨日の出来事なのだ~。
だってだって、
めでたくおやつ係に復帰した私ですが、
その後、
稲刈り総合管理役(???)みたいなものになってしまって、
もうとにかく忙しいの!

主な仕事は以下のとおり。

①田んぼから乾燥機までの籾の運搬
②乾燥機の管理
③乾燥した籾の水分測定
④新米発送・配達の準備・手配
⑤おやつ係
⑥お食事係
⑦掃除洗濯係
⑧買出し係

まぁ要約すると、
稲刈り以外のところでの籾の管理と日常の主婦業です。
これがなかなか大変~。
主婦業、特に⑥のお食事はほとんど放棄しています・・・。

さて、
昨日は稲刈り4日目。
微妙な天気でしたが何とか1日稲刈りできました。

後ろには薄っすらとアルプスの山々も見えています。

さぁ今日は、
コンバインの機能についてご紹介しましょう!
コンバインはただただ稲を刈っているだけではないのですよ~。

とはいえ、
やっぱり大きな役割は稲刈り。
手刈りでは途方も無い、
本当に途方も無く時間がかかる作業も、
コンバインだとあっという間♪

濱田ファームのコンバインは4条刈り。
4条、つまり4列づつ刈っていってくれるのです。

小さな農家の方は2条刈りのコンバイン、
大規模な農家の方は6条刈りのコンバインと、
面積に応じて条数を選んでいるようです。

そして刈り取った稲は、
コンバインの側部で脱穀されます。
稲の茎から籾(もみ)をはずしてくれるわけです。

この写真では内部までは見れないのですが、
刈り取られた稲の茎が側部を通過している様子がわかると思います。
ここで脱穀されているんですね~。

さらには、
コンバインの中の送風機で籾(もみ)と藁(わら)を分別までしてくれます。
籾はタンクの中に貯められ・・・

藁はコンバインの後部から吐き出されます。
藁は通常細かく砕かれた状態で田んぼに吐き出され、
これを土に漉き込むことによって田んぼの栄養になります。

または、
茎を細かくしないで長いまま吐き出して、
畑での野菜作りに活用したりもします。

最後に、
タンクにたまった籾を長~い象さんの鼻のようなものを伸ばして、
籾コンテナへ排出します。

以上がコンバインの役割。
かなりの優れものです!
そのぶん、
値段もものすごい額ですが・・・・。

稲刈り3日目 ~手元編~

2006年9月15日 6:59 PM

今日は朝から

絶好の稲刈り日和です!!
ということで、
皆さん一斉に田んぼに出とらっしゃった!(←富山弁)
あっちにもこっちにも
コンバインコンバインコンバイン!
小っちゃいものから大っきなものまで色とりどり。
と同時に、
普段は一般車の抜け道状態の田んぼの道も、
今日はここぞとばかりに軽トラで埋め尽くされてた。

濱田ファームでも張り切って朝から、
といっても早朝はまだ露が落ちてないから稲刈りはできないので、
8時くらいから稲刈りスタート!

順調に、
今日は本当に順調で怖いくらいだ・・・
トラブル無く6時頃まで刈りまくりの1日でした

さて、
昨日はコンバインの搬送についてお伝えしましたが、
今日は「手元」のご紹介。

手元とは、
コンバインの手元でありとあらゆる仕事をする補助。
高~い位置のコンバインと、
田んぼにはいつくばっている手元では、
まぁ言ってみれば天と地の差だ。

コンバインのオペレーター(ともまる)は、
ただただコンバインで稲を刈っていればいいわけですが、
(実際は神経の使う大変な仕事です。
しかも稲刈り後も乾燥調整などなど1人で遅くまで働いています)
手元は以下のような仕事をこなす。

①コンバインではどうしても刈れない田んぼの4隅を手で刈る。

なるべく手仕事を増やしたくないのですが、
4隅だけは最低限の量を手で刈ってます。

手で刈った稲はとりあえず置いておき、
後でコンバインに通して脱穀します。

②草取り

夏の間あんなにテデトールを頑張って手で草を取ってたのに、
雑草がけっこうあるのだ~。
ヒエとクサネムは絶対に撤去。
あとはできる限り。

③コンバインで踏み倒されたかわいそうな稲穂を集める。

どうしてもこういう事態が往々にして発生。
そのまま見捨ててもいいような気がするのですが、
やっぱり見捨てられない。
手で拾い集めてます。

④刈り取り後脱穀された籾を軽トラで運搬。

コンバインから軽トラに積んだ籾コンテナへ籾を移した後、
乾燥機のある作業所まで運びます。

⑤籾コンテナから乾燥機へ入れる。

籾コンテナと乾燥機をホースでつないで、
籾を乾燥機に入れます。

とまぁ、
①~⑤が限りなく繰り返されます。
こんな感じで手元の仕事はいろいろたくさん大忙しなのだ~!

稲刈り2日目 ~コンバイン搬送編~

2006年9月14日 4:08 PM

午前中はしとしと雨。
お昼前から晴れ間が見えてきたので、
午後から稲刈り決行!!
ここぞとばかりに出陣したのは、
濱田ファームだけでなく他にもご近所さんが田んぼにうようよ。
みんな雨があがるのを待ちかまえてたんだな~。

相変わらずおどろどどろしいお天気ですが、
稲刈りができるだけで良しとしよう。

さてさて、
濱田ファームのお手伝いさんNo1の地位を、
ここ数年独占しているかっちゃんが来てくれたので、
私はめでたくおやつ係りに復帰♪
おやつを運びがてら稲刈りの様子を見ていたら・・・

やっぱり今日もトラブル?!
コンバインの調子がいまひとつで、
農協の方にまたまた来ていただきました・・・。

ところで、
今稲刈りしている田んぼはちょっと離れた遠くにあるので、
コンバインはセーフティーローダーで運んでいます。
なかなかコンバインで県道を走る勇気はないからね。

まずは作業所からコンバインを出して・・・

出入り口が狭いのでけっこうギリギリ。
ぶつけないように注意しながら出します。

次にセイーフティーローダーに向かってバックで進んでいきます。

角度も高さもかなりあるから、
私は見てるだけで怖い・・・。

ひぇ~っ。

っと、
無事に積載できました。
これで、
遠くの田んぼまで移動していま~す。

  • 最近のエントリー

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 新着コメント