富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

稲刈りができない・・・。

2006年9月13日 4:51 PM

毎日毎日

この先も晴れるどころか、
台風まできちゃいそうな感じ。
今年は稲刈りがなかなかできません。

この地域の皆さん
だれも稲刈りができていない状況みたいで、
地域の乾燥施設も閑古鳥が鳴いてるとか・・・。

10年位前にもこんな天気だった事があったみたいで、
その時は雨がずーっと続いて稲刈りができず、
最終的には台風で全部穂が落ちてしまったという、
最悪な事態になったそうです。

今年は大丈夫かなぁ~。
かなり心配です・・・。

さてでは、
どうして雨だと稲刈りができないのか?

雨の日は休みだ!
という古来からの農民の生き様とは全く関係ありません、もちろん。

機械が壊れるとも言われていますが、
たしかに、
水のついた籾が機械の中でつまって壊れるという事も考えられます。
今のコンバインはつまる事はないみたいですが、
それでもやっぱりどこかに無理が生じて、
それで機械に負担がかかって壊れそうな気がします。
1千万円近いコンバインは、
できれば壊したくありません。

でもそれよりも何よりも、
雨で稲刈りができない最大の理由は、
「脱ぷ(だっぷ)」してしまうからなんです!

「脱ぷ」とは、
簡単に言うと籾殻が取れてしまうこと。

水分を含んだ稲をコンバインで刈ると、
コンバインの中で脱穀(稲から穂だけをとる)された籾が移動する際に、
籾殻が摩擦で傷ついたりはがれたりして玄米のような状態になってしまうのです。

そうすると、
米の表面に傷が入ってしまったり(肌ずれ)、ひびが入ってしまったり(胴割れ)して、
お米の等級が下がる原因になるんですね~。

これが、
雨だと稲刈りができないという最大の理由。
同じ理由で、
朝早くまだ朝露がついている状態の時でも、
基本的に稲刈りはしません。

農業はお天道様次第。
まさにこの言葉通り。
だからジタバタしてもしょうがないんだけれど、
でもジタバタしたくなっちゃうよ~。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です