富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

籾殻の行く末 パート2

2006年11月26日 4:07 PM

この時期になって今更の話題なんですが・・・
籾殻の行く末パート2です。

パート1では、
籾殻を知り合いの酪農家さんのところへ運んで、
牛糞と合わせて熟成させて堆肥にしてもらっている事をお伝えしました。

濱田ファームでは、
その堆肥を田んぼに散布して土作りに励んでおります。

この一連の流れは、
米農家にとって処分に困っている籾殻と、
酪農家にとって処分に困っている牛糞とがミックスされ、
堆肥というものに生まれ変わって田んぼに還元されるというすばらしい事なのですが・・・

米農家にとっては籾殻の運搬が大変、
酪農家にとってはそんなに籾殻も堆肥もいらない、
という事実もあるんです~。

はぁ~、
困った~。
実は濱田ファーム、
まだまだ大量の籾殻を隠し持っていたのです!!!
ずっと隠しておくわけにはもちろんいかないので、
意を決して処分する事にしました。

注:普通は籾摺り終了後すぐに取り掛かる作業です。でも、いろいろと忙しくってできなかったのです。すみません。

籾殻の手っ取り早い処分方法、
それは田んぼで焼く事です、ふっふっふっ。

と言うことで、
まずは知り合いの大農家さん2tダンプをお借りしてきて・・・

田んぼにザザザーッ

これを繰り返す事×5回。
ダンプがなければこんな事はできません・・・。
ダンプ様様~。

後は焼くだけ。
といっても、
籾殻はなかなか燃えないのだ。
特に風がない日は全然燃えない。

なので、
ひたすら放置です。

注・籾殻を田んぼにすきこむ場合もありますが、土の種類によっては田んぼが柔らかくなってしまう為、この辺りでは籾殻を焼く事が多いようです。

@@@@@@@

濱田ファーム
代表:濱田智和
〒938-0041 富山県黒部市堀切3000-2
050-3430-8050(自宅)
090-9446-8313(携帯)
ritsuko0921@hotmail.com(PC)
tomounagi@r.vodafone.ne.jp(携帯)
お米の直売についてはこちらをご覧ください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です