富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

種籾準備

2007年4月5日 11:32 AM

とうとう今年の、
種籾(たねもみ=稲の種)の取り扱いが始まりました!

この先5月中旬から始まる田植えまで、
この種をまいて苗を育てる作業を1ヶ月近くかけて行います。

それまでの過程は以下のとおり。

①消毒
②浸種と水入れ替え
③催芽
④風乾
⑤播種
⑥ハウスへの苗だし
⑦育苗

何の事だかさっぱり☆の方も多いと思いますが、
これからおいおいこのブログでアップしていきますね!

さてさてこちらが種籾の入った袋。
相当厳しいという噂の基準をクリアーして、
種籾農家さんが育てたものであります。

ここでひとつ素朴な疑問。
お米は30kg袋詰めなのに、
何故種籾は20kg袋詰めなんでしょう・・・。
って、
一般の方には???な話ですよね~。
農家の方でどなたかご存知の方がいらっしゃったら教えてください!

これが種籾。
全く農業音痴の私は、
種籾って玄米なのかなぁ~?と思っていた事もあったんですが(汗)、
玄米にする前の段階の籾のついたものでした、ははは。

これを5kgづつ小分けにしていきます。
たぶん多くの農家さんは10kg小分けだと思うんですが、
ともまるは重いのが嫌いなので5kgに。
この後たっぷり水につかるので、
5kgがかなりの重さになるのだ~。

これを網に入れて・・・って、
こんなの「じょうご」でやればいいのにねぇ。
ええ、わかってるんです!
わかってるんですよぉ~っ!!
でも、つい。

紐できゅるきゅるっと口を結んで完成。

この子達を明日、
①の消毒をしま~す。

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
とうとう種籾の取り扱いが始まりました!
今年の米作りスタートです!
ということで、
↓クリックしていただけると更新の励みになります☆

@@@@@@@@

濱田ファーム
代表:濱田智和
〒938-0041 
富山県黒部市堀切3000-2
自宅電話 050-3430-8050
携帯電話 090-8090-3566
メール  hamadafarm@hotmail.co.jp

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

コメント

2 Responses to 種籾準備

  1. kanamori より:

    農家の人じゃないけど…
    御無沙汰しております。

    種籾はなぜ1袋20kgなのか…。

    玄米と種籾の比重の違いでそうなんじゃないのかな?

    多分、玄米用の30kg袋と種籾用の20kg袋の大きさは同じなんじゃないかと思われます。

    その袋に比重の軽い種籾を30kg入れようと思うと…、多分あふれてしまうんじゃないですか?

    おヒマでしたら、玄米用の30kg袋に種籾を30kg入れることにチャレンジしてみてください。

    多分入りきらないから。

    でもそんなことを試してるほど今の時期はヒマじゃないだろうけどね。

  2. ともまる より:

    比重ね
    なるほど。

    袋は確かに同じもの。

    20キロのほうが軽くていい。

    コメも20キロが主流になってくれるといいのにねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です