富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

種籾の播種 パート1

2007年4月18日 2:05 PM

田植えまでの種籾の行程、

①消毒
②浸種と水入れ替え
③催芽
④風乾
⑤播種
⑥ハウスへの苗だし
⑦育苗

のうち、
今日はビッグ・イベントの⑤の播種(はしゅ=種まき)です!!!

播種をするためのセッティングはこんな感じ。
ホワイト&グリーン(なぜか英語♪)の長~い機械が、
播種してくれる機械、その名も播種機(そのまんま)。

実はこの播種機!
何とっ!!
新品です、ふっふっふっ。

って、
そんなもの買うお金はないんだけれど、
去年まで使ってた播種機(もちろんいただきもの!)が壊れてしまって、
泣く泣く買ったのであります~。
あ~、辛い~

この播種機1台で、
苗箱(なえばこ)に床土(とこつち)を勝手に入れてくれ、
種ももちろん勝手にまいてくれ、
さらには水も勝手にやってくれ、
最後にはなんと勝手に覆土(ふくど)までかけてくれるという、
ものすごく優秀な機械なんです。
これがないととてもとても播種はできません。

そしてそして、
手前のオレンジのネットに入っているのが④風乾された種籾。

奥にはフレコンに入った土と、
種まきをする入れ物で苗箱が積み上げられております。

で、
実際の作業の様子がこの写真。

新品&優秀な播種機があっても、
人の手がものすごく必要な作業です。
今回はともまる、ともパパの他に3名のお手伝いの方に来ていただきました。
えっ?
私?!
私は定位置のおやつ係でございます

一般の方や大きな農家の方にはイマイチお分かりいただけないと思いますが、
何せ新米農家のともまる、
そして新しい播種機、
そしてそして今までにない播種の多さで、
この播種機のセッティングにすごくすごく時間がかかったのであります・・・。

前日まで、
あ~でもないこ~でもないとものすご~く悩みに悩んで苦しんでたともまる。
だって、
全てがわからないことだらけ。
初めてのことだらけ。
聞く人がいない。
知っている人も近くにいない。
1人で孤軍奮闘してました。

その辛さ、
誰に分かってくれなくっても、
私だけはちゃんと理解しているからね

えぇ~、ごほんっ、
公のネット上でのろけるのはこれくらいにして、
実際の作業の様子を詳しくご紹介!
と思ったんですが、
長くなりそうなので続きはまた明日~。

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております。
↓クリックしていただけると更新の励みになります!

いつもいつもありがとうございます!

@@@@@@@@

濱田ファーム
代表:濱田智和
〒938-0041 
富山県黒部市堀切3000-2
自宅電話 050-3430-8050
携帯電話 090-8090-3566
メール  hamadafarm@hotmail.co.jp

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

コメント

2 Responses to 種籾の播種 パート1

  1. ココロの樹 より:

    Unknown
    はじめまして♪

    偶然ここにたどりつきました

    僕の住んでいる大分県では早期米のため先週田植えをしてました。なんでも台風が来るので、そのためお盆前に収穫した方がいいらしいんです

    おかげで、家の前はしばらくカエルの大合唱でした(^^)

  2. より:

    ココロの樹さん
    はじめまして!

    コメントありがとうございます!!

    九州では、

    台風が来る前に稲刈りができるように田植えも早くするんですね。

    ここ北陸はあまり台風の影響はないんですが、

    穂が出始めたときにフェーン現象などで高温障害を受けないよう、

    逆に田植えを遅くする傾向があるみたいです。

    場所によって田植えの時期も全然違いますね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です