富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

時代に逆行?!

2007年6月15日 3:34 PM

2時間近くかけて、
富山県の小矢部(おやべ)という所へドライブしてきました。
ドライブっていっても、
セーフティーローダー(積載車)でだけどね・・・・。

目的地に着いてみたら、
周りはこんな棚田の景色が広がるところ。
いつ棚田を見ても、
見る分にはキレイだからいいけれど、
米作り(そして草刈り)はちょっと辛そうだなぁ~、
と思ってしまいます。

で、
こんな棚田の広がる所だからこそ、
私たちの求めていた農機具が、
未だにある農家の方の倉庫で眠っていたわけであります!

それがこのともまるが押しているやつ。
バインダーと呼ばれる農機具です。

今はコンバインで稲を収穫して脱穀までして、
乾燥は機械でっていう時代ですから、
バインダーを使って稲を刈る人はほとんどいないと思います。

倉庫には2台眠っていたので、
2台ともいただいてきました~。

このバインダーは、
稲を刈ってくれて、
ついでにその稲を束ねてくれるという機械。
昔は天日干しで稲を乾燥していたわけですが、
その天日干しで「はさ」にかけるのに便利な状態に、
稲を束ねてくれるんです。

いろんな事に挑戦中の濱田ファーム、
今年は「はさがけ」をして天日干しのお米も作ってみようと計画中。
探しても探しても見つからなかったバインダーですが、
ともパパのお友達の息子さんのお嫁さんの実家(遠い・・・)にあると聞いて、
喜び勇んで出かけたというわけであります。

農業の規模も機械も大規模化して、
労力もコストも軽減し(できるかはかなり疑問だけど)、
外国産に対抗しうる安い農産物を生産するという、
政府の推進する現在の農業からは完全に逆行している、
かしらねぇ・・・?

逆行ついでに、
除草機もいただいてきました♪

今時は除草剤があるから使う人もいらっしゃらないと思いますが、
今年は無農薬の田んぼがあって、
雑草がものすごい事になりそうなので・・・。

どちらの機械も20年近く倉庫で眠っていたようなので、
使えるようにするまで、
まずは整備から取り組む必要があります!

@@@@@@@@

時代に逆行している濱田ファーム、
ですが、
それも「あり」なんじゃない?!
と思っていただけるようでしたら
↓クリックをお願いしま~す。

@@@@@@@@

濱田ファーム
代表:濱田智和
〒938-0041 
富山県黒部市堀切3000-2
自宅電話 050-3430-8050
携帯電話 090-8090-3566
メール  hamadafarm@hotmail.co.jp

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です