富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

2007.10月の記事

大麦の準備 その4 ~トラクター故障~

2007年10月17日 10:06 PM

今日はバリバリ田んぼを起こすぜぃ!
と意気込んでいたんですが・・・・

なっ、なんと、
トラクターが故障・・・。
修理で1日が終わりました・・・。

壊れている箇所(ベアリング)をつきとめて分解。
こういう時、
なるべく自分の力で治すように努力しているともまる。
農機具の頼れるKちゃんに電話でアドバイスしてもらいながら、
格闘中。

新しい部品も買ってきて、
説明書を読みながらうなってます。

かなりうなってうなってうなりまくったんですが、
とても素人の手に負えず・・・。
結局Kちゃんに来てもらったんですが、
どうやら重症のようで入院とあいなりました。
あちゃぁ~。

修理代も恐ろしいけれど、
このままだと大麦の種まきが遅れるなぁ~。

@@@@@@@@

米作りも麦作りも、
そして人生もいつもハプニングがつきまとう。
なかなか思うようにいかんもんじゃ。

↓クリックしていただけると更新の励みになります。

@@@@@@@@

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

大麦の準備 その3 ~肥料散布~

2007年10月16日 9:03 PM

コメ価格 大幅下落
作付け過剰と米離れ
平均8% 売り急ぎで悪循環

などなど、
朝から気分が暗~くなる新聞の見出し。

富山県は過去30年間ほど転作率(約3割)を守っているそうだが、
守っていない県も多いとか。
そうなんだ~。
それで許されるんだ~。

うちも転作したくない。
けれどしょうがない。
来年は転作率が35%になりますとさらっとした説明が
先日そういえばあったなぁ。
まじかよ~。
コメまた作れなくなるのかよ~。

世間は食料自給率を上げようとか、
国産大豆とか国産小麦とか騒いでいるけれど、
コメ作ってたって辛い状況なのに、
これ以上転作でそんなの作ってもますます辛いんだよ~。
ボランティアじゃないんだよ、
農業は。
誰も自給率をあげるのに大豆や小麦は作れません。

と、
いきなりかなりグチグチから始まりました。
反省。

えっと、
そんな転作でしょうがなく作っている大麦の、
今日は肥料散布です。

動力噴霧器に肥料入れて・・・

よっこらしょっと担ぎます。
ちなみに他の田んぼでは、
トラクターに付けたブロキャスで肥料を散布してる濱田ファーム。
ブロキャスで肥料をまくと、
肥料に傷がつくとか言われることもあるけれど、
でも転作の大麦ごときに
(ウソ。本当はそんな事思ってません。でも今日だけは悪態つかせてください)
重い動噴なんぞ背負ってられません。

この田んぼ、
小さいわ、ものすごくぬかるんでるわで、
トラクターが水没する危険があったので面倒だけれど動噴で。

@@@@@@@@

政策や補助金に左右されない農業経営を目指そうとは思っていても、
お先真っ暗ニュースばっかりで気分が盛り下がる~。
ここは皆さんのクリックで元気をください!!

@@@@@@@@

濱田ファーム
代表:濱田智和
〒938-0041 
富山県黒部市堀切3000-2
自宅電話 050-3430-8050
携帯電話 090-8090-3566
メール  hamadafarm@hotmail.co.jp

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

くろべフェア2日目

2007年10月15日 3:35 PM

くろべフェア2日目の様子です。
スタートと同時にものすごい人でにぎわうくろべフェア。
さすがだわ~。

目をあわさない人が多いという事も書きましたが、
もちろん中にはものすご~く熱心にお話をされる方も多くって、
ともまるも張り切って説明してました。

あとは、
いかにも農家(かぶっている帽子が農協さんや農機具メーカーのものなのだ☆)のおじ(い)様が、
遠くから一生懸命お米の値段をチェックしていて、
またそういう方がすごく多くって、
ちょっとほほえましかったな。
お互いがんばりましょうよ!

展示の中でひとつおもしろいもの発見。
これ、
黒部名水会のブースなんです。
ご存知、
黒部は立山連峰からの雪解け水が至る所から自噴する名水の里。

という事で、
黒部市内の水道水、
それ以外の都市の水道水、
あとは黒部市内の各自噴水(清水=しょうず、と呼ばれ、各清水で味が異なります)と、
いろいろな水を飲み比べできます。
実際、
味の違いを感じ取るのは難しいところなんですが、
言えるのは、
やっぱりここのお水はおいしいという事。

以前名水会さんとお仕事をさせていただいた事もある濱田ファーム。
(詳しくはこちら
来年のくろべフェアでは、
名水会さんと濱田ファームと一緒に出展しよう!
という話も出ました。

水とお米はやっぱりセットですからね☆

くろべフェアでは、
それぞれのお店や企業からいろ~んなプレゼントが提供されるんですが、
濱田ファームからもだしました!
けっこう応募もあった様子でうれしいなぁ♪
当選された方、
おめでとうございま~す!!

@@@@@@@@

こういうイベントに、
濱田ファームが単体で出展したのは始めての経験。
来年はこうしよう、あーしよう、と、
いっぱい反省点も出たしすごくいい勉強になりました

↓クリックしていただけると更新の励みになります。

@@@@@@@@

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

くろべフェア1日目

2007年10月13日 8:49 PM

ちょっぴり肌寒いけれど、
絶好のイベント日和となった黒部です。

黒部市民体育館で行われているくろべフェア。
毎年すごい人出ですが、
今日もたくさんの人でにぎわいました~。

そんな中でこっそり(?)と出店している濱田ファーム。
予想通りお米はさっぱり売れませんが、
ちらしばらまき作戦で宣伝宣伝!

それにしても、
みなさんあまり目を合わせてお話してくれない方が多くてちょっとびっくり。
カナダ感覚だと、
お客様と出店者は買う買わないは別にして、
ものすごい会話が成立するんだけれどなぁ。
日本の方はやっぱりそういう場面ではシャイ?!

こういう場では会話を楽しめるとより楽しいと個人的には思うし、
ただ商品を買うだけのスーパーとはそこが違うはずで、
だからこそこういうイベントがあるはずなんだろうけれど、
でも中にはただ雰囲気を楽しみたいという人も多いんだろうな。

そんな中でも、
いっぱい興味を持って話をしてくれる人や、
同じ農家(田舎なので農家の皆さんが多いのだ☆)の人が、
若い人ががんばってるねぇ!と言ってくれたりすると、
ものすごくうれしいのだ♪

@@@@@@@@

明日もてきと~にがんばるぞ~!
出会いがうれしいのがこういうイベントの良さです。

↓クリックしていただけると更新の励みになります。

@@@@@@@@

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

くろべファアの搬入

2007年10月12日 9:04 PM

えっと・・・
大麦の準備もかなり押しているわけですが・・・・

今日は軽トラに何やらいろいろなものを積んでいるともまる。
お米はもちろん、
秤や米袋、細々とした文房具などに加えて台車まで。

そしてやってきたのはとある会場。
そこに軽トラから積荷を降ろして搬入しております。

実はここ、
明日10月13日と14日と2日間にわたって開催される、
くろべフェアの会場です。

黒部市内の企業やお店が多数出展したり、
人気のレストランのメニューが100円で食べられたり、
よさこいがあったり、
源泉かけ流しの足湯まであったり、
大抽選会に各種商品があたる投票があったりと、
まぁ黒部でいちばん盛り上がるイベントのひとつなのであります。

詳しくはこちらをどうぞ☆

そのくろべフェアに、
何と農業業界から初参加!
で、
濱田ファームが乗り込みます!!

たとえ農業祭みたいなイベントでも、
野菜は売れてもお米は売れない傾向が強いので、
くろべフェアではまさかまさか売れないだろうと考えつつ、
少しでも農家直送のお米の存在を多くの方に知ってもらえたらいいな、
そう願っての参加です!!

@@@@@@@@

がんばってきます!
↓クリックしていただけるとさらに頑張れるような気がします!!

@@@@@@@@

濱田ファーム
代表:濱田智和
〒938-0041 
富山県黒部市堀切3000-2
自宅電話 050-3430-8050
携帯電話 090-8090-3566
メール  hamadafarm@hotmail.co.jp

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

  • 最近のエントリー

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 新着コメント