富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

コンバインの整備

2008年3月13日 3:08 PM

稲刈りの直後にコンバインの丸洗いはしましたが、
きちんとした整備をしていなかったので、
今日コンバインを分解してみました。

作業所の中に、
どど~んと存在感を持って居座るコンバイン。
さすがにデカイです。

で、
ともまるはコンバインの中の複雑な機械を、
あ~でもないこ~でもないとチェックしているようです。
今回の整備は、
田植え直後の大麦の刈り取りに備えてのもの。
オイル交換や部品の整備が主な仕事になります。

うんうん唸りながら何かをしているともまる。

どうやらこのベルトを交換したいらしいのですが、
ベルトがはずせないらしい・・・。
これは長期戦になりそうです、ふふふ。
でもそれがまた楽しいみたい。

ともまるの宝物(?)の工具いろいろ。
男の子ってこういうのがいつまでたっても好きなんだろうなぁ。
私は全くもって興味がないけれど(笑)。
今この時間もこの工具で一生懸命、
かつ楽しくコンバインを整備していることでしょう。

高い高い農機具の整備は、
農閑期の大事なお仕事です。
少しでも長く使えるようにね。

なかなかともまる1人の力ではきちんと整備できないので、
農機具のKさん!
どうぞよろしく見守ってあげてくださいね!!

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

@@@@@@@@

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

コメント

2 Responses to コンバインの整備

  1. ピングー より:

    仕事の大切なパートナー
    整備する事によって、さらに親しみを持つのでしょうね。コンバインを操作する時は、いっしょに仕事をしてくれる友として、一体感があるのではないでしょうか。醍醐味ですね。私も男の子なので気持ち、わかります。

    以前に、茶葉の刈り取り作業の現場に遇いました。レールが付いた自動刈り取り機なのですが、同じように親しみを持った友として見守っているのでしょう。

    腕を組んで凛とした姿で機械の動きをみていた姿を思い出しました。

  2. より:

    ピングーさん
    1年にほんの数日しか使わないコンバインですが、
    一番大きい機械ですし、
    何よりも高価なので、
    やっぱり一番気になる農機具みたいです。

    整備も楽しいけれど、
    大きな機械に乗れるのって、
    男の子にはものすご~く楽しいようですよ☆

    茶葉の刈り取り作業、
    一度見てみたいなぁ・・・・。
    どんな様子なのか全く想像がつかないんですが、
    収穫ってきっとどんな農産物でもワクワクするものなんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です