富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

2008.4月の記事

育苗の様子その3 ~手動潅水~

2008年4月30日 6:01 PM

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

@@@@@@@@

さてさて、
稲の苗を育てる行程、

小分け
②消毒(農薬による消毒温湯による消毒
浸種水入れ替え
催芽
風乾
播種
ハウスへの苗出し
⑧苗箱並べその1その2
⑨育苗様子その1温度管理その2自動潅水

も、
順調に進んでいます!

写真をアップできなかった手動での潅水の様子ですが、
昨日のブログで私が少しいじけていたら、
今日ともまるが撮ってくれました♪

こんな感じで毎日2回、
自動潅水の後にホースを使って手動で潅水しています。
1棟のハウスにつき、
手動潅水で10分前後時間がかかるので、
3棟のハウス全てに手動潅水すると30分以上はかかります。
自動潅水とあわせると、
なんだかんだで1時間以上時間をとられちゃいます。

今日みたいに25度以上の暑い日になると、
ハウスの中はもっと暑いわけで、
私はもうこれだけでヘロヘロ~。

でも、
日に日に成長している苗を見ているとおもしろいんですよね~。

@@@@@@@@

出産間際までがんばるぞ~!
↓クリックで応援していただけるとうれしいです!!

育苗の様子その2 ~潅水~

2008年4月29日 8:36 PM

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

@@@@@@@@

黒部も毎日いいお天気が続いています!
今日も25度を越えて夏日。
明日からもずっと夏日になりそうです。

そんな中、
ビニールハウスの中の苗はというと・・・・

朝昼2回、
たっぷりと水をすってスクスク成長中。
白い細かいミスト状の水が、
自動で潅水(かんすい=水やり)される仕組み。

このホースに、
無数の細かい穴があいていて水が出ています。

自動潅水は楽なんですが、
どうしても潅水ムラがでちゃうのが難点。
なので、
私が丁寧に苗をチェックしながらホースで潅水をしてるんですが、
これがけっこう時間がかかる作業で・・・。

ちなみに、
私が一生懸命働いている写真はほとんどありません。
だって誰も写真撮ってくれる人いないんだもん。

濱田ファームでは、
育苗中に使用する水は全てこの井戸水。
井戸水といっても汲み上げているわけではなくって、
勝手に水が自噴しているんです。

この辺りは、
北アルプスからの雪解け水が伏流水となっていたる所で自噴する、
黒部川扇状地と呼ばれる水に恵まれたところなんですよ~。

@@@@@@@@

誰も私の仕事の様子を写真に撮ってくれないし、
今度は三脚でも持参しよっかなぁ・・・。
な~んて。

↓クリックしていただけると写真がなくても頑張れそうです!

2回目の播種と苗出し

2008年4月28日 5:12 PM

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

@@@@@@@@

さてさて、
稲の苗を育てる行程、

小分け
②消毒(農薬による消毒温湯による消毒
浸種水入れ替え
催芽
風乾
播種
ハウスへの苗出し
⑧苗箱並べその1その2
⑨育苗様子その1

以上の行程を、
濱田ファームでは2回に分けて行っています。
というのも、
田植え期間が長い(=田植えする面積が広い)ので、
適期に適度に育った苗を植えるため。

昨日は、
2回目の播種(詳しくは1回目の様子をどうぞ)でした。
1年にたった2回しか播種をしないんですが、
少しでも効率的にできるように、
あ~でもないこ~でもないと考えながらやってます。
工夫の余地は考えれば無限にありますから。

播種したらすぐにハウスへ搬入。
(これも詳しくは1回目の搬入の様子をご覧ください)

2回目で使うハウスは、
奥に長~く約50メートル。
レール&トロッコですいすいっと移動。

最後に太陽シートをかぶせて芽を出させます。

以上は昨日の仕事の様子でしたが、
それでは今日は何をやっていたかというと・・・・

育苗様子その1の苗は、
既に緑化しておりまして被覆材も取り除かれました。
よって辛~い潅水(→私の仕事)作業が始まっています!
潅水の様子はまた明日にでも。

さらには、
1回目に続いて2回目の大麦の防除もパパパっと完了!
さらにさらに耕起の次の過程、
荒くりまでやっちゃってます!
う~、
写真を撮りに行きたいんだけれど、
私も家事に加えて育苗という大きな仕事が入ってきちゃってるので、
今までみたいに動けないのだ~@@

@@@@@@@@

この時期はいろんな作業を、
同時進行でこなしていて目がまわりそう~。
加えて出産・育児も始まったらどうなるんだろう?!
恐ろしや~。
でも、
↓クリックしていただけると何とか乗り切れそうです!?

とうとう育苗ステージへ!

2008年4月27日 9:10 AM

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

@@@@@@@@

世間はゴールデンウィークでしょうか?
今年はあまり連休にならないようですが、
それでもゴールデンウィークという響きだけでも心躍るような気分になります。
って、
我が家は仕事のゴールデンウィークだったりしますが・・・。

さてさて、
稲の苗を育てる行程、

小分け
②消毒(農薬による消毒温湯による消毒
浸種水入れ替え
催芽
風乾
播種
ハウスへの苗出し
⑧苗箱並べその1その2
⑨育苗

のうち、
とうとう最終ステージの⑨育苗までたどり着きました~!
さぁ、
ビニールハウスの中に苗が並んでしまったここからが大変です!

育苗は基本的には私の仕事(えっへん!)。
出産ギリギリまで運動の為にもがんばりますよ~。
という事で、
早速ハウスの様子を見にウォーキングがてらハウスへ。

ちょっと写真が曇ってしまっているのは、
突然太陽が出てきてハウスの中が蒸気で曇ってしまっているから。
あらら大変!

早速ハウスの中の温度をチェック。
被覆材で苗箱を覆っている期間(2~3日間)は、
温度を30度前後に保ちたいところですが、
これがなかなか難しくって・・・。

太陽が急に顔を出すと温度は一気に40度前後に急上昇

かと思えば曇ってきたりして、
そうすると温度は一気に20度以下に急降下

その気温差はなんと20度前後にまでなるので、
私は空とにらめっこしながら、
家とハウス(車で1分、徒歩5分)を行ったり来たり。
そんなわけで、
この時期はハウスに貼り付け状態です。

温度管理は原始的な方法で。
ハウスの脇の窓をクルクル~と開け閉めして調整します。
この調整も、
風の強い日弱い日で微妙に変わるので頭が痛い・・・。

被覆材を取り除いた後は、
さらに潅水(水やり)という大仕事も加わりますます大変なんですが、
できるところまでがんばりま~す

@@@@@@@@

それにしても写真の私ってば、
妊婦というよりはムーミンのようだわ・・・・。

↓クリックしていただけると更新&育苗の励みになります!

苗箱並べの続き

2008年4月26日 11:01 AM

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

@@@@@@@@

暖かい春だなぁ~、
と思っていたら一転寒くなっちゃいました。
寒がりの私たちは、
朝起きたら迷うことなくストーブを点火!
極寒のカナダ帰りの私は、
寒いのが苦手なんです・・・(理由:北海道の方と同じ)。

さてさて、
稲の苗を育てる行程、

小分け
②消毒(農薬による消毒温湯による消毒
浸種水入れ替え
催芽
風乾
播種
ハウスへの苗出し
苗箱並べ
⑨育苗

の、
苗箱並べの続きです。

ハウス一面に並べた苗に、
お水をたっぷりと与えていきます。

基本的には、
この先数日間水やりはしないので
たっぷりと♪

それから寒冷紗という被覆材で、
苗全体を覆います。

長~いので、
4人でえっちらおっちら運んで、

運んで、

広げて、

広げて、

覆います☆

これは、
苗が日で焼けないようにする為で、
3日ほどで取り除きます。

さぁ、
苗がハウスに並んでしまったので、
この後はハウスに貼り付け状態が続きますよ~。
という事は、
出産間近ではありますが私の出番です!
えっへん。

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

  • 最近のエントリー

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 新着コメント