富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

種籾の浸種

2008年4月6日 10:03 PM

稲の苗を育てる行程、

小分け
消毒
③浸種と水入れ替え
④催芽
⑤風乾
⑥播種
⑦ハウスへの苗だし
⑧育苗

の、
今日は③浸種をアップしま~す。

浸種(しんしゅ)は文字通り、
種を水にひたす事。
吸水させて、
発芽のための生理活性をそろえる働きがあるとか。

これが、
24時間消毒した種籾たち。

消毒液の水をよ~くきっていきます。

タンクの上に、
木の棒を置いてそこに種籾の入ったネットを少し放置。
これで消毒液をきる方法を今年思いついたんですが、
農家の皆さんはどうされていますか?

それからお水の中へドボンドボン。

この水も自噴している井戸水なんですが、
通常井戸水は1年を通して水温13℃前後。
夏冷たく冬温かいんですよ~。

でも今年は、
水温を計ってみると少し低めかな?
これで積算温度を100℃にするんですが、
水温13℃だと8日間くらい浸種すればオッケーです。
水は2日に一度交換してやります☆

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

@@@@@@@@

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です