富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

温湯消毒

2008年4月16日 5:16 PM

この時期は田んぼの耕起をしたり、
育苗用のビニールハウスの準備をしたり、
はたまた商工会の総会なんかもあったりして、
まぁ何かと忙しいわけですが、
そんな中で稲の苗を育てる行程も着々と進んでおります。

小分け
消毒
浸種と水入れ替え
④催芽
⑤風乾
⑥播種
⑦ハウスへの苗だし
⑧育苗

以上の稲の苗を育てる行程を、
田植え期間が長い濱田ファームでは2回に分けて行い、
適当に育った苗を適期に田んぼに植えるようにしています。

さて今日は、
②の消毒の2回目の日でした。
1回目は農薬を使用した消毒でしたが、
2回目はこの温湯消毒機という機械を使っての消毒です。

温かいお湯(といっても60度なので熱い!)に10分つけて
消毒していきます。
農薬の使用を少しでも減らせればと思い、
今年の直売用のお米は全て温湯消毒した種を使う予定です!

お風呂のようにふたをしめて、
温度が下がらないように・・・・。

実はこの機械、
買えばけっこうなお値段なんですよね。
本当にこのわずかな時間だけしか使わない機械なのに。

濱田ファームは、
まだこの機械を買うだけの力はないので、
ある親切な方からお借りしております。

10分消毒したら、
すぐに冷たい水の中にドボン。
この微妙な時間が消毒に適しているらしく、
短すぎても消毒できないし、
長すぎるとゆだっちゃうようです。

高価な機械を使わずに、
お風呂で消毒する事もできそうな気もしないでもないんですが、
常に一定の温度を保つのが重要な消毒作業では、
お風呂はやっぱり難しいようです・・・。

温湯消毒された種籾は、
その後③浸種と水入れ替えの行程に入っていきます。

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

@@@@@@@@

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です