富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

2008.7月の記事

雷にビックリ☆

2008年7月8日 4:57 PM

いやぁ~、
早朝の雷はすごかった!

一度寝たら絶対に目覚めないこの私でさえ、
(あっ、でも今はcocoの泣き声だけにはしっかりと反応してます)
ド~ンという轟音にびっくりして起きちゃいました。

そして我が家の愛犬・ラッキーも、
こんなあられもない姿に・・・。
ブルブル震えながら、
一生懸命頭を階段の下に隠してます。
でも、
お尻がまるみえですが(笑)。

雷が大嫌いなラッキー。
こんな情けない姿ですが、
いつもはキリッと凛々しくって、
一見頭が良さそうに見えるんですよ。
ホントは違うけれど・・・。

お客様も来る駐車場が定位置のラッキー。
知らない車が来ると、
ワンワンと吠えて来客を私たちに知らせてくれます。
同じ軽トラでも、
ちゃんとエンジンの音で違いをかぎわけるんですよ☆

濱田ファームの一員として、
呼び鈴代わりに働いてくれるラッキーのお給料は、
大好きなお・や・つ、
です♪

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

@@@@@@@@

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

麦茶作り♪

2008年7月7日 11:11 AM

収穫した大麦で、
今年も麦茶を作りました~♪

本当はビール麦から自家製ビールも作りたいところなんだけれど、
それはちょっと難しそうなので、
お手軽に六条大麦から麦茶、です。

まずは天日で乾燥。

去年はけっこう大量に作ったんだけれど、
今年は私も子育てでバタバタしているので、
家でちょこっと飲む分だけ。

乾燥させた麦を、
あとは根気良くフライパンで煎っていきます。
これがけっこう大変なのだ~。
時間もかかるし、
何より暑い!

最初は真っ白な麦も、
煎っていくとパンパンとはじけて、
そして少しづつ色が変わっていきます。

煎りムラがあるのはご愛嬌という事で。
本当はもっともっと茶色になるまで煎った方がいいんだろうけれど、
これが私の限界。
暑いのだ・・・。

後は煮出して冷たく冷やせばできあがり。
香ばしい麦茶になりました♪

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

@@@@@@@@

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

麦の田んぼの耕起

2008年7月6日 9:16 AM

いやぁ~、
蒸し暑いのがらしいといえばらしいのですが、
それにしても、
梅雨とは思えないくらいのいいお天気が続いていますね~。

そんななか、
ともまるはせっせとトラクターで田んぼを起こしています。
これは、
先日刈り取った大麦の田んぼ。

もうたくさんの草が生えてきているので、
トラクターで起こしまくりです☆
起こした後、
今度はクロタラリアという緑肥の種をまく予定。

大麦の田んぼ以外にも、
永久転作にしてしまっている田んぼの草が、
どうやらものすごい事になってしまっている様子・・・。
こっちも早く起こさなくっちゃだな。
早くしないとジャングルになっちゃうよ~。

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

@@@@@@@@

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

アグリユースフェスティバル!

2008年7月4日 11:41 AM

今年も、
アグリなユースなフェスティバルとやらに、
KUU(黒部・宇奈月・魚津の若手農業者団体)の一員として参加してきたぜぃ。

アグリ:農
ユース:若者?
フェスティバル:祭り??

もう全然ユースってな感じではないともまるなのに、
スミマセン、
強引に参加させてもらって・・・。

このフェスティバルの目的は、
この先の農業を担う富山県内の青年農業者が集まって、
①日頃の農作業で得た知識や技術などの交換をすること。
②互いの交流をはかること。
③農業者としての自信と誇りを醸成すること、
だそうです。

ともまるの目的は、
②の交流と飲み会だったりして・・・。

参加者はけっこういっぱいです。
こんなに若手の農家がいるんですね~。
いったい何処に隠れているんだ?
っていうくらい、
この地区周辺では見かけないんですが、
探せばいるもんです。

他に、
富山県の農林水産部や農業普及指導センターの方などの
関係者の方々も多数参加。

グループに分かれて討論し、
その内容をまとめて発表をする分科会とやらもあったみたいですが、
今年のお題は「農薬」。

農薬に抵抗を持つ方もいるかもしれませんが、
農業の世界では農薬は必要不可欠なもの。
安定した供給と価格の為にも、
農薬とはうまくつきあっていかなければいけません。

おもしろかったのは、
難解な農薬の名前をわかりやすく親しみやすいものに変えよう、
という発表。

アグリヘルパー。
なるほど!
なるほど・・・。

この後は、
ともまるお楽しみの交流会という名の飲み会♪
この席で、
多くの方からこのブログを読んでると言われたそう!
わ~い、
ありがとうございます!
ちなみにちなみに、
書いているのはともまるではなく妻の私ですから~☆
そこんとこヨロシク!!

交流会の後は2次会を、
宿泊していたお部屋で決行!
そう、
このフェスティバルはなんと泊りがけなのであります。

飲みに飲んで飲んだくれたおかげで、
次の日は二日酔いのともまる。
もう若くないんだから、
若者達と同じペースでは飲めないのよ!

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

@@@@@@@@

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

小米取機

2008年7月2日 6:38 PM

このブログでご紹介するのが遅れてしまったんですが、
先日の「悩」という記事でアップした割れたお米の問題
後日すぐに対応策を考えました!

精米機を取り扱っているメーカーさんと相談して、
精米した後に小さな割れたお米をはじいてくれる機械を
取り付けることにしました。

ちょっと写真ではわかりづらいかもしれませんが、
写真右のグレーの機械が精米機、
そして中央の黒い機械が今回導入した機械、
その名も小米(こごめ)取機(そのまんま・笑!)です。

割れた小さいお米が、
下の白いトレーに落とされていきます。

近年は高温などが原因で、
お米にひびが入る「胴割れ米」が発生してしまっています。
それを精米するとお米が割れてしまいます。
もし大量に小さいお米が含まれれていると、
炊いたご飯がべちゃ~っとして食味が劣ると言われています。

これまで濱田ファームのお米に、
それほど多くの小米が混ざってたとは思えないのですが、
やはりそういうご指摘があったのは事実。
見た目ではなく食味にも影響する問題なので、
機械を取り付けることにしました。

今は、
この小米を集めて集めて、
それをフードプロセッサーか何かで粉にして、
パンを作ろうと計画中です♪

実は私たち、
お米はもちろん大好きなんですが、
自分で天然酵母を起こして作るくらい、
パンもすごくすごく好きなんです!
将来的には小麦も作付けできればいいなぁ~と、
夢を見ているくらい☆

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

@@@@@@@@

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

  • 最近のエントリー

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 新着コメント