富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

稲刈り5日目 籾摺り三昧

2008年9月13日 10:41 PM

今日は午前中
稲刈りできず。
雨が降ったり稲に朝露が残っていたりする時に刈ると、
お米の品質が悪くなってしまうんです。
だから雨の日はお休み・・・・

って、
そんなわけない!

ここぞとばかりに、
たまっている籾摺りをやっつけちゃいます!

今日はともまるの妹さんその2のだんなさん(写真右)がお手伝いに。
身長180cm以上の屈強な体つきの若い人には、
遠慮なく重労働の籾摺りをお任せできちゃいます♪

籾摺りと一言で片付けちゃいましたが、
実はここで何行程も経て玄米の状態になっています。

まずは乾燥させた籾を籾摺り機で玄米の状態に、
次に石抜き機にかけて玄米から小石などをのぞき、
さらに米選機で細かいお米などを選別し、
最後に計量器で30kgの重さに量って袋に投入。

その後は人の手で、
袋の紐をしばってパレットに積み重ねていくわけですが、
今年は秘密兵器を導入!
ジャジャ~ン♪
楽だ君(らくだくん:農機具のネーミングっていつもこんな感じだし・・・)です!

重いお米をパレットに積んでいく際に、
その威力を発揮します!!

まずは30kgの米袋の紐をしばって・・・・

楽だ君の上に、
米袋をころ~んとたおします。

そうすると楽だ君のリフトが、
人の腰くらいの位置まで米袋を上げてくれるんです。

お米の重さは変わらないけれど、
それを下から持ち上げるのと、
ある程度の高さから持つのとでは、
腰への負担がまったく違います!

あとはパレットに積み上げていくだけ~。

籾摺り機の性能もよくなったし、
楽だ君も仲間に入って、
籾摺り作業はずいぶん楽になりました。

午前中、
めいいっぱい籾摺りをして、
午後からは晴れたので再び田んぼで稲刈りの1日でした☆

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

@@@@@@@@

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です