富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

配達・発送のヤマを越えた!

2008年10月2日 9:47 PM

10月の3(金)・4(土)・5(日)の3日間、
東京への視察の為お休みさせていただきます。
詳しくはこちらをご覧下さい。

@@@@@@@

平成20年産新米の直売についてはこちらをご覧ください。

@@@@@@@@

今日で、
新米の配達と発送のヤマをひとつ越えた感じです。

1日が終わって、
夜ご飯も食べ終わって、
娘もぐっすり寝て、
今こうやってパソコンに向かっていても、
昨日までの夜みたいに精神的に全く追い詰められていないのがウレシイ♪

本当ならここで1本、
プシュッとあけたいところだけれど、
授乳中なのでそれはガマンガマン・・・。

大口の配達も、
今日でとりあえず終了!

今日は大口は、
1軒で10俵(30kg×20袋)の配達だけでした。
後は細かい配達だけ。
ラクラク~。

家族何人くらいで食べられるのかな~?

この辺りではまだまだこうして、
遠く離れた家族の分も含めて、
1年分まとめてお米を買われる方が多いんです。

そして保冷庫に保管して、
少しづつ精米されるようです。

ここに嫁いできた時、
この光景を初めて目にした私はかなりのカルチャーショックを受けましたが、
今ではもうすっかり慣れたもの。
平然とした口調で、
はいはい、10俵ですね、
な~んて注文を受けちゃうくらい成長(?)しました。

そして発送の方も、
今日で予約分は全て送る事ができました。

これは、
私たちのホームタウンのバンフ(カナディアンロッキーの中の小さな街)へ
送られていくお米たち。

カナダにももちろんお米はあるんですよ。
しかも日本のお米に近いカリフォルニア米。
けっこう美味しかったりします。
でも、
やっぱり日本の新米でしょう!
という事で、
はるばるカナダからご注文をいただいたりします。

バンフの住所、
なつかしいなぁ~。

バンフは郵便配達制度がなくって、
私書箱制度なんです。
だから、
住所は全部私書箱のPO.BOXからはじまります。

住人は、
郵便局に出向いて自分の私書箱をあけて、
荷物が来ていないか確認します。
手紙はそのまま箱に入っていて、
荷物は荷物が届いたお知らせの紙が入っているんです。
そしてその紙を持って窓口へ。

ちょっと面倒だけれど、
あの紙が入っていたた時のワクワク・ドキドキ感♪
荷物が届くのって、
いつどこにいたってうれしいですよね。

遥か山奥の、
もうすっかり雪化粧されたバンフへ、
無事に新米が届きますように・・・・。

@@@@@@@@

ヤマを無事越えられた私たち、
明日から3日間お休みさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

↓クリックしていただけると更新の励みになります。

コメント

2 Responses to 配達・発送のヤマを越えた!

  1. トキ より:

    10俵
    すごい
    お米の大人買いみたい
    (笑)

    カナダにも送られているんですね
    これまたびっくり

    それにしても
    ブログをチェックするのが遅く、せっかく東京に来てたならと思うとちょっとショックでした
    v(≧□≦)v

  2. より:

    トキさん
    大人買い(笑)。
    本当にそうですね~。

    写真で見るより、
    実際の現物の方がはるかに迫力があってビックリですよ~。

    上京ですが、
    今度はできれば12月にマーケットに実際に参加したい方向で検討中なんです。
    その際にはぜひ遊びにきてくださいね!
    またブログ上でお知らせいたしま~す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です