富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

東京視察レポート②

2008年10月9日 11:00 PM

平成20年産新米の直売についてはこちらをご覧ください。

@@@@@@@@

さてまずは、
代々木公園で毎月定期的に開催されている、
アースデイマーケットから視察。

学生時代を過ごした懐かしい渋谷の通りを上っていくと、
そこは緑豊かな代々木公園。

ここに、
生産者と消費者が直接対話しながら農産物を買える、
まぁ言ってみれば、
ファーマーズマーケットのような市場がありました。

渋谷の喧騒とは違うけれど、
たくさんの人で賑わうマーケット。
都会の方は、
田舎の人よりも「農」や「食」に興味があるようで、
生産者の方と熱心にお話されている光景を多く目にしました。

という私たちも、
農家でありながら、
出店されている多くの農家の方とお話させていただきました。

こちらは、
不耕起の田んぼでお米を作っている岡野さん。
マーケットの事から米作りの事まで、
いろいろと教えていただきました。

田舎では何故か、
米作りにまつわるエトセトラは秘密・内緒にされる事が多くって、
あんまり教えてくれる方って少ないんですが、
こういう場では岡野さんはじめ、
皆さん普通に情報交換に応じてくれる事がうれしいです。

こちらは、
マクロビ弁当などを販売されていた、
都内でカフェを営んでいらっしゃるお二人。

圧力鍋で炊いた玄米、
とっても美味しかったです!

マーケットって、
こうした出会いがたくさんあって楽しいんですよね~。

私たちもいつの日か出店して、
たくさんの方々との会話を楽しみ、
多くの出会いがあればいいなぁと夢見るのでありました。

翌日は、
場所を移して銀座。
中央通りも朝早くはまだ人も少なくのんびりとした雰囲気。

いつもは有楽町で行われている青空市場
この日はたまたま銀座でミニ青空市場が行われていました。

代表の永島敏行さんとも、
少しだけお話させていただきました。

こちらの市場も、
アースデイマーケット同様、
生産者と消費者の「つながり」を大事にされている感じを受けました。

食の不安が騒がれている昨今、
だからこそやっぱり、
人と人とのつながりが重要なんだ、
直売でこそ生産者と消費者はつながれるんだ、
そう実感した東京視察でした。

おまけ、
の東京土産。
いがらしろみさんプロデュース・Fairycake Fairのカップケーキ。

お値段もビックリですが、
味はもっとビックリ!
見た目からもっとチープな味なのかなぁと思ってたら、
さすがはいがらしろみさん。
美味しかった♪

@@@@@@@@

東京視察から戻った今週は、
転作の大麦の種まき準備でバタバタしていま~す。
その様子はまた明日☆

↓クリックしていただけると更新の励みになります。

コメント

2 Responses to 東京視察レポート②

  1. トキ より:

    Unknown
    Cocoちゃんスクスク育ってますね
    (^_^)

    やっぱり生産者が見えるのが良いですよね

    内は濱田ファームにかけてますよ

    良い出会いをしたと思っています。

    なぁ~んて
    固い話しは別として
    どういう稲作をするのか興味があって、なんか応援したくなったんですよね

    今年の新米も美味しく頂いて、良かったです。

    12月が楽しみです。

  2. より:

    トキさん
    「良い出会い」
    そう、トキさんに言っていただいて、
    すごくすごくうれしく思います。
    ありがとうございます!

    この先も、
    たぶんいろんな事に挑戦して、
    時には成功する事もあるけれど、
    でも時には大失敗もあると思います。

    そんな様子をこれからもブログでアップしていきますので、
    応援どうぞ、
    よろしくお願いいたします!

    12月の出店時には、
    ぜひぜひお会いできる事を楽しみしていますね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です