富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

大麦の播種

2008年10月10日 10:15 PM

平成20年産新米の直売についてはこちらをご覧ください。

@@@@@@@@

稲刈りが終わって、
新米の発送・配達も一段落ついて、
さぁ、これでちょっとはゆっくりできるかな?
な~んて思っていたら、
そりゃぁ、あまいあまい!

雪が降る前に、
やらなくちゃいけない事がまだまだたくさんあるんですが、
そのひとつに、
転作の大麦の播種(はしゅ=種まき)があります。

そう、
大麦の種はこの時期に播くんですね~。
刈り取りは翌年6月。
私はここに嫁いできてはじめて知りました。

さぁ、
その大麦の播種。
ただ種を播けばいいってわけではありません!
ここ数日のともまるは、
ずっと大麦の播種準備に追われていました。

まずは額縁排水のための溝切り。
って、
一般の方には意味不明?!

これは、
田んぼの額縁(がくぶち)、
つまり4辺に溝を掘ること。
トラクターにスキをつけて掘っていきます。
額縁に溝を切ると、
排水が良くなるんですよ~。

そして次に、
土壌改良剤の散布。
大麦の生長を促進してくれる石灰をまきます。
その様子は去年の記事からどうぞ~。

さらにさらに肥料の散布。
これまた去年の様子をチェックしてください☆
あっ、
この記事はなんだかグチだらけだ、ははは。
ハズカシ。

そしてようやく、
田んぼの耕起をします。
文字通り、
田んぼを起こしてやる事。
が!
そこは濱田ファーム。
去年から実験的に不耕起に取り組んでいます。
田んぼを起こさずに種を播くんです。
去年は特に問題はなかったようなので、
今年も引き続き1枚だけですが、
不耕起栽培をしちゃいます!

さらに今度は、
基幹排水の溝切り。
田んぼの真ん中に、
これまた排水をよくするために溝を掘っていきます。

トラクターの後ろに、
写真のセンター培土と呼ばれる機具をつけて、
これで溝切り。

こんな具合で、
溝があっという間に掘られていくんです。
あら便利。
って、
他にあんまり使い道ないか。

大麦の栽培では、
とにかく排水が大事なようです。

去年時間がなくて、
ちょっと適当な溝切りをしてしまったら、
収穫量が少なかったんです・・・。

だから今年は、
時間がなくても溝切りだけはしっかりと!

転作とはいえ、
大麦の播種までには行程がいっぱい。

いよいよこれで、
種まきの準備が整いました。

大麦にも種類があるんですが、
今回は六条大麦の種をまきます。

種まきは、
秘密兵器のショルダーベルトをつけた、
動力噴霧機でぶぃ~んと播きまくります。

今週はずっと、
この大麦の種まきに追われていましたが、
次週は同じ大麦でも今度はビール麦の種まき。

そしてそして、
今年初挑戦の小麦の種まきと作業はまだまだ続きますっ!!!

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です