富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

牛糞堆肥の散布①

2008年11月5日 9:46 PM

平成20年産新米の直売についてはこちらをご覧ください。

@@@@@@@@

昨日から牛糞堆肥の散布が始まりましたが、
今日は2日目。
朝から良いお天気の元、
堆肥をまいてまいてまいて、
まきまくりの1日でした!

さてさて、
この牛糞堆肥、
名前の通りですが牛さんの糞の堆肥でございます。

その牛を飼育しているのは、
ともまるの先輩の酪農家さんK太郎さん(あっ、名前ばればれ?!)であります。

毎日毎日、
牛さんの糞はなんと!
4トンも出てくるんだとか!!
驚きです。
って、
4トンって、
数字が大きすぎてどれくらいの量だか私には検討もつきません。

牛糞堆肥は、
糞と籾殻とを約1ヶ月熟成させて作るんだそうです。

これがその、
堆肥を熟成させている場所。

写真ではなかなか伝わらないのですが、
エリアが広大です!

その広大なエリアで、
巨大な見慣れないマシンに乗っているのが、
自称ブラット・ピット似のK太郎さん。
実際、
なかなかの男前です、ふふふ。

K太郎さんの事はさておき(?)、
この巨大なマシン!
値段にもびっくりですよ~、皆さん。
なんと1200万円!!!

な、なんで?!
こんな単純そうな機械なのに、
なんで?!
やっぱり大きいから?!

値段はおいといて、
この機械なにかといいますと、
牛糞と籾殻をよ~く攪拌してくれるものなんだそうです。

1日2回、
毎日必ずこうして攪拌するんだそうです。

堆肥は熟成の過程でかなりの熱を発するので、
ご覧の通りもわ~っと蒸気があがってます。

こうして約1ヶ月熟成されて、
はじめていい堆肥ができるんだとか。

これが完成した堆肥。
K太郎さんのところの堆肥は、
サラッサラで、
匂いも全くありません!
本当に良い堆肥。

信頼できる先輩が、
手を抜かず作ってくれている堆肥を使わせてもらえて、
私たちは本当に幸せです!

ありがとうございます、K太郎さん!!!

そしてこの堆肥を、
これまたとてつもなく巨大なホイール・ローダーで、
ガボッとすくって・・・

堆肥散布紀のマニアスプレッダーにザザ~ッと入れます。

いやぁ、
酪農家さんは、
農機具も何もかも豪快だ~!

さぁ!
堆肥がのったマニアスプレッダーを、
積載車で田んぼへ移動させましょう!

つづく。

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です