富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

百人一首

2009年1月17日 10:52 AM

平成20年産お米の直売についてはこちらをご覧ください。

@@@@@@@@

1月16日(金曜日)の朝日新聞朝刊1面、
天声人語の現代学生百人一首からの抜粋。

染みついた鉄のにおいがする髪をとかして思うもはや職人
(工業高校の女生徒)

幼き日遊び場だった畑作地今では父と僕の職場
(農業高校の男性徒)

君の名の漢字を辞書で引いてみる心のしおりをそっとはさむ

こんなにもキレイにノートをとるのはね君に「貸して」と言われたいから

生も死も書けば一文字十五夜のすすきの中にぽつんとひとり

見つけたらいけない気がする何故だろう青い色した幸福の鳥

駆け抜ける百メートルをおもいきりいらないものが削ぎ落とされる

限界は僕が思うほど近くないぶつかるまでは走ってみようか

平然と使われ続けた汚染米汚れているのは米か心か

日本にもオバマ旋風巻き起これみんな待ってる頼れる総理

どれもこれも胸に強く響くものばかり。
大人ではなく、
かといって子供でもない、
青春時代の真っ只中にいる年代だからこそ出てくる言葉なのか。

そのなかでも米農家としてはやはり、
汚染米の一句が特に印象に残った。
米も心も正直に実直に、
これからもあり続けよう、
そう思いました。

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です