富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

播種の準備 ~作業所~

2009年4月15日 11:35 AM

今日はいよいよ、
第一回目の播種(はしゅ=種まき)!
先ほど様子を見てきましたが、
順調なようです、ホッ。

ま、
播種なんて始まってしまえば楽チン楽チン。
ただ作業するだけですから。

何事もそうですが、
まぁ、とにかくその準備と段取りが大変なわけでありまして・・・。

という事で、
今日は播種作業そのものではなく、
播種の準備、作業所編をお届けしましょう!

播種はここ、
作業所で行うんですが、
まぁ、見てください、この有様を!

いろんなものが所狭しとおかれていて、
とても場所を大きくとる播種作業ができる状態ではありません!

だって、
この時期とにかくいろんな資材が次から次へと運ばれてきて、
作業所の中は山盛りてんこ盛り状態なんですよねぇ。

こっちには、
田植えの時に使う肥料やらの資材がいっぱいだし・・・。

うちの作業所はこれでも結構広いほうですが、
それでもこの時期だけは物にあふれてしまって、
農機具を中に入れておくこともできません。

播種の準備はこの、
雑然とした作業所をキレイすっきり片付ける事から始まります!
あ~、
遠い道のりだ~!!

まずは、
作業所の中で一番場所をとっていたセーフティーローダーを
外に追いやります!

あとはコンバインもブームスプレイヤーなど大型機械も、
雨が降るとちょっとかわいそうだけど外へ。

であとは、
あれをこっちに、
これをこっちにと、
播種作業をしやすいように動かしまくり。

って、
手ではとても運べない重さのものばかりなので、
移動はすべてフォークリフトで。

フォークリフトは米農家の必需品です!

娘は、
フォークリフトに目をパチクリさせながら、
興味津々。
お父さんに手を振りまくりでした(笑)。

さぁ、
こんな感じでキレイに片付けて、
播種できるスペースが完成!

播種機という播種してくれる機械、
けっこうな長さなんです。
何メートルくらいあるかなぁ・・・。
10メートル以上はあるかなぁ。

その周りに、
播種に必要ないろんな資材をセットしていくので、
かなりのスペースが必要なんですよね。

こちらは土。
フレコンに入った大量の土です。

パレットも大量に必要です。
移動は全てフォークリフトですから。

こちらが苗箱。
長方形の箱に土を入れて種を播いて、
この中で苗を育てるんですが、
これをうちの場合は2700枚用意。

こちらは水を入れておく桶。
播種の時に一緒に水もやります。
って、
もちろん手でやるわけではなく、
全て機械で。
機械につなげた状態にしておきます。

さぁ播種機をセット。
白×緑の機械が播種機です。

これ、これ♪
2年前に新しく買った播種機なんです♪

それまで使っていた、
いただき物の古い古い播種機が壊れて、
泣く泣く(?)新しいのを買ったんですが、
土入れから種まきまで何から何まで自動でやってくれる、
優れもの♪
MHKだけではやっぱり限界がありますね~、
新品は最高だぜ~。

と、
作業所の準備は一応これでオッケー!
でも、
播種の前にはビニールハウスの準備も済ませておかなければなりません!
これがまた数日がかりなわけで・・・。
次回はハウス編です!

@@@@@@@@

準備ばっかだな~、
早く播種作業そのものを見せてくれよ~!
という方は、
↓クリックしてくださいね☆

@@@@@@@@

平成20年産のお米は、
予約分で既に完売しております。
ありがとうございました!
それでも、
どんなお米か気になる方、
又は連絡先を知りたい方は、
こちらをご覧ください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です