富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

2回目の苗ならべ

2009年4月26日 9:20 PM

今日はものすごい暴風雨!
そして寒い!
朝からストーブをがんがんに炊いて、
家の中にこもってた私。
だって、
今日は日曜日。
娘の保育園がお休みなのよ。
働きたくても働けないのよ。
だ・か・ら♪
家の中でぬっくぬく~♪

ともまるはというと、
2回目に播種した苗箱をハウス一面に並べてました。
でもご安心を!
ハウスの中での作業だったから、
雨風にさらされる事はありませんでしたよ~。

1:小分け
2:温湯消毒
3:浸種と水入れ替え
4:催芽
5:風乾
6:播種
7:ハウスへの苗だし
8:出芽
9:苗をならべる
10:潅水(プール・通常)

稲の苗を育てる育苗(いくびょう)という以上の行程のうち、
9:苗をならべるという作業。

1回目の苗ならべは、
プールを作りながらでしたが(詳しくはこちら)、
今回は何も考えずにもくもくとただ並べるだけ。

でも、
微妙に重い(約7kg)苗箱を、
微妙な体勢で並べていくのでけっこうしんどい・・・。

入り口から奥まで縦に長いハウス。
少しでも苗箱を持って歩かなくてもいいようちょっと一工夫。

パレット積みの苗箱はトロッコに載せて、
単管レールで移動させます。

並べる場所の少しでも近いところにトロッコを停めて、
そこから苗箱をとって並べていきます。
少しでも楽できるところは楽したいですからね。

ちなみに、
この苗は主に販売用の苗。
他の農家の方に販売するんですが、
この辺りではとにかく長い長い苗が求められるんです。

えっ?!
とビックリされる事情を良く知るプロの方もいらっしゃるかもしれませんが、
お客様の求めるものを作らないとゴニョゴニョなんで、
軟弱徒長気味に苗を作ってます、
あはは。

なので、
出芽はとにかく長めに。
その後も暖かめのハウスの中で、
水をたっぷりたっぷり。

販売用の苗は、
とにかく農協さんの指導から外れないよう、
播種量も育苗方法もオーソドックスにやってます。

本当は販売用もプール育苗にしたいところなんですが、
普通が一番の土地柄なので、
それは難しいかな。

ハウス2棟分苗箱1700枚をダダダダ~っと並べまくって、
午前中であっという間に終了!

あとは寒冷紗をかけて、
緑化をまちま~す。

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

@@@@@@@@

平成20年産のお米は、
予約分で既に完売しております。
ありがとうございました!
それでも、
どんなお米か気になる方、
又は連絡先を知りたい方は、
こちらをご覧ください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です