富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

麦の種子消毒

2009年10月15日 9:35 PM

トラクターともまる号がまだ退院してきません・・・。
なので、
麦の田んぼを起こすことができません・・・。
あ~、
さらに作業が遅れるよぉ・・・。

と、
嘆いていても何の解決にもならないので、
起こす前に種の消毒をやっておきました

右の写真のまん丸~い機械が、
消毒する為のぐるぐるマシーン。
ここに、
一定量の麦の種を投入します。

これが大麦の種。

今年は、
去年同様大麦とビール麦、
そして去年あまり収穫がなかった小麦と、
3種類の麦を転作として作付けします。

種子消毒するのは、
そのうち出荷する大麦とビール麦のみ。

自家用、
はたまたうまくいけば販売にもっていきたい小麦は、
消毒はなしで~す☆

ぐるぐるマシーン、
あれ?
勝手にぐるぐるマシーンと書いちゃってるけれど、
はて?
この機械の名前って何ていうんだろう?
よくわからん。
でもまぁ、
ご覧のようにぐるぐる回るからぐるぐるマシーンでもいいかしら?
ダメ・・・?

話がそれた、
このぐるぐるマシーンをぐるぐるさせながら、
まずは水を入れて(写真左)、
次に消毒の為の農薬を入れます(写真右)。

あとは適当にぐるぐるさせれば、
種子の周りにキレイに薬がコーティングされるというわけ。

これで種の準備はオッケー!
あとは、
田んぼが整うのを待つのみです!

@@@@@@@

●平成21年産・新米の直売については、こちらをご覧ください。

@@@@@@@@

米作りは、
単に田植えと稲刈りだけではなく、
あまり知られていない地味な作業の積み重ねの日々です。
収穫後の土作りから、冬の農閑期、1年で最も忙しい田植えの準備、
田植え後の草刈りと草取りの日々、そしてようやく待ちわびた収穫の秋。

そんな様子をありのまま、
できるだけ細かく伝えたい気持ちから、
このブログを更新しています。

また、より多くの方に実際の米作りの様子を知ってもらいたいと思い、
人気ブログランキングに参加しております。
米作りの様子がよくわかったぞ!という方は、
↓クリックしていただけるとうれしいです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です