富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

鍋プリン

2009年10月19日 11:29 PM

やっぱり、
転作田の準備が今日だけでは終わらず、
播種(はしゅ=種まき)は明日にずれこみました・・・。

いやぁ、
毎日毎日作業の予定をしっかりたててるんですが、
なかなか思うようにはいかないんですよねぇ。

天候が良くなかったり、
トラブルが発生したり、
不意の来客(→これは大歓迎!)があったりで。

私は私で、
今日は所要があって出かけていて、
転作田の準備の写真が1枚も撮れず。
あ~あ、
今日はものすごい秋晴れで、
それはそれは山がキレイだったのに!
このブログで、
全国の皆様にここ黒部の素晴らしい景色をご紹介できるチャンスだったのに!
残念・・・。

とういことで、
昨日に引き続き今日も食べ物ネタに走ります~。

今日は、
いただきものの牛乳と卵を使って・・・・

って、
えっ?
牛乳?
一升瓶じゃーあーりませんかー!
と驚かれた方。

そう、
この一升瓶の中に、
搾りたての煮沸する前の牛乳がたっぷり入っているんです♪
用事があって伺った先輩の酪農家さんのお母さんが、
おもむろに一升瓶に牛乳を搾ってくれたのだ~♪♪
あっ、
でもこの牛乳をそのまま飲むとお腹を壊すので、
必ず煮沸消毒が必要なんだけれどね。

そして卵。
こちらは、
ず~っと前からうちのお米を買っていただいている、
まだお会いした事のない埼玉のU様から。
毎年新鮮卵をた~っぷりと送ってくださいます♪
いつもありがとうございます!!

そんな、
極上の材料を使って作るものといえば、
やっぱり!
プリンでしょう!!

バニラビーンズが固まって、
何だか黒い水玉模様ができてしまったプリンになりましたが、
琺瑯鍋の熱伝導のおかげで、
しっとりなめらかな美味しいプリンができました。

お店で買うようなとろ~んとしたプリンではなく、
家で作る家庭的な味わいのプリンが私は好きだなぁ。
材料の良さがストレートに出るような気がします。

@@@@@@@

●平成21年産・新米の直売については、こちらをご覧ください。

@@@@@@@@

米作りは、
単に田植えと稲刈りだけではなく、
あまり知られていない地味な作業の積み重ねの日々です。
収穫後の土作りから、冬の農閑期、1年で最も忙しい田植えの準備、
田植え後の草刈りと草取りの日々、そしてようやく待ちわびた収穫の秋。

そんな様子をありのまま、
できるだけ細かく伝えたい気持ちから、
このブログを更新しています。

また、より多くの方に実際の米作りの様子を知ってもらいたいと思い、
人気ブログランキングに参加しております。
米作りの様子がよくわかったぞ!という方は、
↓クリックしていただけるとうれしいです。

コメント

2 Responses to 鍋プリン

  1. kinue より:

    Unknown
    鍋プリン!なんて素敵なんでしょう!
    ひとり抱えて食べたいです❤(笑)

  2. より:

    kinueさん
    そうなんです、
    プリンってこじんまりとした上品な器に入っているよりも、
    バケツつとかに豪快に入っている方がうれしいんですよね♪

    鍋プリン、
    ぺろりといただいちゃいました♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です