富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

自家製堆肥作り

2009年10月24日 11:01 PM

娘を寝かしつけて、
ようやく夫婦2人でゆっくりご飯を食べられるのが9時ごろ。
ご飯を食べ終わって、
それから新聞を読む。
だって、
朝はとても新聞を読む時間がないから。

我が家は朝日新聞。
スミからスミまで読んでたら、
あらまぁ、もう夜の10時半!

それから私は、
翌日のお米の発送・配達の準備(送り状・お手紙書き・販売記録など)をして、
それでようやくブログ更新となるのだが、
疲れているとブログまで辿り着かない・・・・

と萎える気持ちを奮い起こして、
何とか力を振り絞り(→大袈裟)、
歯を磨いてたりして眠気を覚まし、
そんでもって自分なりに頑張って更新するんだけれど、
昨日はもう、
新聞読んでバタンキューでした・・・・。

今日は、
今23時過ぎだけれど、
まだまだ元気♪
バリバリっと更新しちゃいますよ~!

さて、
いったいいつまでやるんだ?!
と突っ込まれそうな籾摺り作業も、
昨日で何とか終了!

で、
籾摺りすると、
めでたく(???)必ずゲットできるのが、
この大量の籾殻の山!

これでも半分くらいは田んぼで燃やし、
かなりの量をいろいろな方に引き取ってもらい(畑用)、
適量にしたところで、
いよいよ自家製の堆肥作りに取り掛かります!

籾殻を熟成させて堆肥にする為に必要なのが、
微生物。
うちはVSというものを使ってます。
これが、
安全で速やかに有機物を分解してくれるんですね。

でもって、
この微生物のエサになるものも必要。
それが「優良菜種油粕」。

この2つを、
籾殻の山に混ぜて、
さらにはこれまたうちで大量に出る米ぬか、
そして自噴水も投入!

あとはトラクターのフロントショベルで混ぜ混ぜして、
あとはVSの働きにお任せ!
40日間くらいで、
堆肥が完成する予定です。

この自家製堆肥、
去年に続いて2年目ですが、
去年と同様、
無農薬と減農薬の田んぼに散布します。

慣行栽培の田んぼは、
自家製堆肥ではないんですが、
牛糞堆肥をまきますよ~。

さぁ、
籾摺りが終わったら、
今度は堆肥散布の作業が主な仕事になりそうです★

@@@@@@@

●平成21年産・新米の直売については、こちらをご覧ください。

@@@@@@@@

米作りは、
単に田植えと稲刈りだけではなく、
あまり知られていない地味な作業の積み重ねの日々です。
収穫後の土作りから、冬の農閑期、1年で最も忙しい田植えの準備、
田植え後の草刈りと草取りの日々、そしてようやく待ちわびた収穫の秋。

そんな様子をありのまま、
できるだけ細かく伝えたい気持ちから、
このブログを更新しています。

また、より多くの方に実際の米作りの様子を知ってもらいたいと思い、
人気ブログランキングに参加しております。
米作りの様子がよくわかったぞ!という方は、
↓クリックしていただけるとうれしいです。

コメント

4 Responses to 自家製堆肥作り

  1. kinue より:

    Unknown
    お仕事お疲れ様です!
    私なんて疲れると「ブログ、今日はいいや!」
    って寝てしまうのに・・・頭がさがります!
    しかも、子育てもされてるんですもんね!

    籾殻、ほんとに大量ですね!
    この中にダイブしたい気がします(うそ)

    徳之島では、ヤギの糞の堆肥を使ってましたー!たんかん畑の横に、ヤギ飼ってるんです❤

    またまた米作りの様子が分かってしまったのでぽちっ!

  2. かい より:

    はじめまして
    はじめまして。いつも、ブログを拝見させてもらってます。自分は宮崎県で野菜を中心に栽培しています。農業は重労働だし休みが無く大変ですが、その分楽しい事も多く大変やりがいを感じています。自分も濱田ファームみたいに楽しく仕事をしていきたいと思います。今後も宜しくお願いします。

  3. ともまる より:

    KINUEさんへ
    こんばんは。
    夜、ブログを書いている妻の隣に居ると,
    たまに軽く殺気を感じてしまいます・・。

    籾殻にダイブするとかゆかゆなのでお勧めしません

    ヤギは我が家でも飼いたいと思っているんですよ。
    今度飼い方教えてください!

  4. ともまる より:

    かいさんへ
    はじめまして。
    いつもブログを読んで頂きありがとうございます。
    農業の大変さはそのままやりがいにもなりますよね!
    お互いがんばっていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です