富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

大餅つき大会

2009年12月27日 9:40 PM

本日は、ともまるでございます。
今年も残すところあと5日。
悔いの無いように2009年を仕上げる段階ですね。

ということで、今日は農家の底力、大餅つき大会が開催されました。
実は前日からこつこつと準備をしており、大会当日はただただ餅つきに専念する、
という完璧な段取りをつけてくれた、TTくんどうもありがとう。

まずは、蒸し上がったもち米を杵でこねこねとつぶします。
そう、木製の杵と臼が今回の主役。
機械で餅を作るなんて、農家の名がすたるというもの。
昔ながらの人力ですべてをまかないます。

まんべんなくつぶしたら、いよいよ餅つき開始。
ぺったんぺったんとリズムよく、よいしょ!のかけ声も忘れずに。
リズムが悪いと的を外したり、手をついたりするので気を付けましょう。

大人のやり方に不満を募らせた子供たちがつき始めました。
子供とあなどっちゃあいけません。
豪快なスイングを見せつけられました。
そして、そして、

真打ち登場。
cocoさま、本日もひと暴れするのか!?

いやいや、さすがに杵が重すぎました。
なので今回はベンチを暖めるのみ。

つき上がった餅は、きな粉,ごま、あんこと好きな味に仕上げて食べます。
これ以外にも大根おろし、のりと醤油など、好みに応じて口に運びます。
それでも余った餅は鏡餅に仕上げて、各家族が持ち帰りました。

ちなみに今回は3臼分、約6キロのもち米を使用。
畑から直送、地元の野菜のみを使った鍋も登場し、大満腹の大会でしたよ。

年末にふさわしい行事、誘ってもらって光栄です。
また、来年もやりたいねえ。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です