富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

2012.4月の記事

嵐の後

2012年4月4日 3:24 PM

富山は、
台風でさえあまり来ないんです。
富山県民はそれを、
立山のおかげだといつも言っています。
これぞ立山信仰ってやつでしょうか。

でも確かに、
立山のおかげで台風はいつも太平洋側を通っていくので、
今回はものすごく久しぶりの強風。
不安な気持ちになりました~。

昨晩からあまりの風の強さに、
寝ながらもあー、これは、いっちゃってるな、
って覚悟はしていたんですが、
実際にいっちゃった様子を見ると、
少なからずショックです・・・・。

まずは作業所からね。
ま、
こんなのともまるが適当に単管とトタンで作ったものだからね、
そりゃぁ、
こうなるのもしょうがない。

とにかくこのトタンが、
周りに飛んで行かず迷惑をかけなかっただけでも、
本当に良かった。

それにこの時期は、
これ(籾殻置き場と自家製堆肥の熟成所)は使わないし、
とりあえずは修理はしないでおこうかと。

問題はこっち。
ビニールハウス3棟のうち、
2棟の天井の一部ビニールがはがれちゃいました。

これもまぁ、
苗がまだハウスに入っていない時期だったから、
良かったと言えば良かったし、
苗が入るまでまだもう少し時間もあるし、
ビニールもそろそろ取り換え時かなぁとも思っていたので、
良い方向へ考えるようにして、
ハウスそのものが壊れなかっただけ良しとしましょう!

あ~、でも~、
ハウスのビニール直すの、
けっこう大変みたいなんですよね~。

しかもともまる、
あんな顔してあんな細い目をして(→関係ない?!)、
高所恐怖症とか言ってるし・・・。

とにかく、
まだまだ風が強いのでとても修理はできず。
天気を見てまた後日、
なおしたいと思います!

それにしても、
ただでさえ忙しいこの時期、
余計な仕事が増えちゃったよぉ(涙)。
そして寒い!!
今朝なんてちょっぴり雪交じってたし、
天気予報では金・土と雪マークついてるしぃぃぃぃ。

春、
トオイッス。

春の嵐!

2012年4月3日 11:02 PM

いやぁ、
すごい風ですねぇ・・・。

富山県は、
今日(4月3日)お昼頃から風が強くなってきまして、
全国ニュースでもさんざん流れていたようですが、
トラックの横転事故が何件もあったようです。

風は未だ弱まる事なく、
明日の昼まで強風が続く見込みだとか・・・。
心配です。
心配してもしょうがないんだけれど、
でもやっぱり心配です。

何が心配かって、
ビニールハウスが飛んでいかないか・・・。
毎回台風の度にどこかしらが壊れるので(ボロすぎ・・・?)、
きっと今回も壊れるんだろうけれど、
できれば被害は最小限であってほしいなと・・・。

まぁ、
ハウスの中にまだ、
苗が入っていないだけ良しとしよう。

ともまるが田んぼ脇の工事現場で、
足場が崩れ落ちる決定的瞬間を目撃して、
危うく軽トラがつぶされそうになっていた頃、
うちでも看板が倒れる事件発生!

しっかりとしたオモリで押さえているので、
今までこんな事がなかっただけにビックリ。

すぐにともまるに帰ってきてもらって、
看板を車庫の中に片づけてもらいました。

この後、
海沿いの作業所のシャッターの鍵を閉めに行ったら、
もう、そりゃー、すごい風。
大の男のともまるでさえ、
危険を感じたらしい・・・。

ビニールハウスも心配だけど、
作業所(→これまたボロイし・・・)もちょっと、
やばいかしらん・・・・。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

●お米、好評販売中!

※無農薬コシヒカリ完売
※減農薬コシヒカリ完売
※こだわり栽培コシヒカリまだ余裕あり

ご注文方法など詳しくは、
HP「タンボマスターへの道」をご覧ください。

いい湯だな~♪

2012年4月2日 10:41 PM

皆さん、こんばんは!
今日も風ビュービュー、
寒くてとても外で過ごせなかった、
極寒のカナダ帰りにも関わらず寒さに弱い嫁・濱田律子です。

さあ、
先日からお伝えしております苗シリーズ、
今日は第三弾です。
長い長い育苗の行程は以下の通り。

1:選別
2:小分け
3:消毒
4:浸種
5:催芽
6:風乾
7:播種
8:ハウスへの苗出し
9:出芽
10:苗をならべる
11:潅水と温度管理

今日は、
3:消毒の様子をご紹介。

消毒は、
病気にならないよう殺菌するんですが、
いろんな方法があります。
うちでは、
農薬を使わずに温湯で消毒する方法と、
農薬を使って消毒する方法の、
2通りやっています。

温湯消毒は直売用、
農薬による消毒は農協さんへの出荷用と、
他農家さんへ販売する苗用。
きっちりと分けています。

さてこれが、
温湯消毒をしている様子なんですが、
写真が暗いのがお分かりになりますでしょうか・・・・。

実はこの日、
トラブルにトラブルが重なってしまい、
作業ができたのは夜遅くになってしまいました。
作業所周辺には街灯もなく、
作業所内もそれ程明るいわけでもなく、
暗くて寒い(→この日も相当寒かったようです)作業所で1人ポツンと、
ともまる作業をしていたようです。

私・・・?
私はパソコンの前でぬくぬくと、
ビール片手にのんびりしていましたわよ、
おほほほほ。

これが、
温湯消毒する為だけの農機具。
「だけ」のくせにけっこういい値段するので、
これも得意のMHK作戦でK(=借りる)したんですが・・・・。

実はもともとお借りする予定だった、
先輩農家さんのこの機械が故障して使えず。
ならばと、
他の仲間から借りてきて使わせてもらう事にしたんですが、
今度はうちの作業所の電気トラブルが発生・・・。

どうしてもこの日、
予定していたこの日に消毒してしまわないと、
この後のスケジュールがずれてくる

播種日がずれる

お手伝いの方のスケジュールがずれる

全員に連絡しなくてはいけない
という、
負のループに巻き込まれてしまうので、
ともまるの頭をフル稼働させて、
で、
最終的には知り合いの電気屋さんに聞いて、
さらには、
電気屋さんに来てもらって、
何とか動くようになったというわけです・・・。

ふぅ、
消毒する前からかなり疲れました★

この機械、
名前を「湯芽工房」と言います。
どうして農機具の名前は、
そろいにそろってこんなネーミングになるんだろう??
というのが、
ここ数年の私の論文の課題なんですが(ウソです)、
それはさておき、
この湯芽工房、
お湯の温度を一定に(この場合は60℃)保つ事ができる優れモノです。

この中に、
10分つけて消毒します。
短くても完全に消毒できないからダメ。
長かったら今度は、
種籾が茹であがっちゃうからダメ。

きっちり10分です、
きっちり。

見た感じ、
いい湯だな~♪
ですが、
実際は60℃あるので手を入れた瞬間にアチーッ!
となります。
ご注意を。

10分後、
お湯から引き上げたら冷水へチャプン。
そ、
それにしても写真、
暗いなぁ・・・。

これを、
ひたすら何度も繰り返して、
全ての小分けされた種籾を消毒して終わり。
何とか予定していた日に、
消毒する事ができましたー!

機械を貸してくれた仲間に、
感謝です!!

この後は、
4の浸種に入りま~す!

種籾の小分け

2012年4月1日 9:57 PM

東京は暖かくてポッカポカ♪
というツイートやフェイスブックでの投稿をいっぱい見た、
今日4月1日(日曜日)。
それって、
エイプリルフールとやらのウソ?!
って思うくらい、
寒くてミゾレが降って風ビュービューの黒部でした・・・・。

さて、
昨日から始まった(?)育苗シリーズ第二弾!
長い長い育苗の行程は、
以下の通りです。

1:選別
2:小分け
3:消毒
4:浸種
5:催芽
6:風乾
7:播種
8:ハウスへの苗出し
9:出芽
10:苗をならべる
11:潅水と温度管理

今日は、
2:小分けの様子をお伝えします!

良い種籾だけを選別したら、
扱いやすいようにそれを小分けにしていきます。
うちは、
だいたい5kgくらい。

それを、
こんな風にみかんのネットの巨大版に、
ザザザーっと入れていきます。

通常、
お米の品種によってネットの色を変えるんですが、
我が家は基本コシヒカリ1本勝負!

なので、
オレンジ一色です★

※基本コシヒカリ1本と書きましたが、
去年大失敗した黒米を今年こそは!とリベンジするので、
正確には1本ではありません。

最後にネットの紐を、
キュッと縛ればできあがり。

そう!
私・濱田律子もちゃんと仕事してましてよ、
オホホホ。
何を隠そうこの私が!
そう、
このワタクシが!!

この、
長い長い戦いとなる育苗の隊長なのですからっ!!!
キラリ~ン

そ、
それにしても今日は、
寒かった・・・。
もちろん、
家のストーブは全開です!!

  • 最近のエントリー

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 新着コメント