富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

ブログ タンボマスターへの裏道

ブログ タンボマスターへの裏道

田植え前夜

2006年5月9日 9:10 PM

田植えの前夜の今さっき、
無事に終わることを祈願して、
というかいつものようにビール、飲んじゃいました♪

今日は午前中は代かきをしていましたが、
午後からは田植えの準備。

まずは田植えをする田んぼの水の調整。
あまり多いと植えづらいし、
少ないと今度は、
田植えと同時に散布する除草剤がきかなくなるんだって。
この微妙な水の調整が、
タンボマスターとそうでないものとの差が出てくるとか・・・。

あと、
先日のもち米の田植えの際に発見した、
田植え機の線引きマーカーの故障の修理。
これはメーカーの方にみてもらったんだけれど、
結局どこに問題があるのかよくわかりませんでした。
これが直らないと苗をまっすぐ植えられないの~。
大丈夫かなぁ~。

苗はハウスの中で順調に成長して、
いつでも出陣OKの状態です。

軽トラ2台ともに、
苗箱を積むラック→苗コンテナもしっかりとセット。
ここに苗箱をたくさん積んで田んぼまで運びます。

最後に防除の薬を散布。
これはいもち病他たくさんの病気予防のため。

さて、
いよいよ明日から田植え。
天気予報は
雨だと、
肥料や農薬をまけないので中止になるかも・・・。
でも、
雨で延ばし延ばしになっても苗が生長して田植えに適さなくなるので、
少々の雨だったら決行!!

さぁ~、
がんばるぞ~

第二回 代かき大会

2006年5月8日 4:08 PM

昨日の突然のうれしいオフでパワー充電!!
今日からは、
2回目の田植え用の田んぼの代かきです。

朝から晩まで代かき、代かき
明日も一日代かきをすれば、
2回目田植え用の田んぼのほとんどの代かきが終わります!!
これで、
「田植えの最中に代かきしなくちゃ地獄」から解放されるかも?!

さて、
いよいよ田植えも明後日10日からスタート。
わたくし姫も田植えのお手伝いをする予定で、
その間約2週間は家事一切ができなくなりそう・・・。
それまでに掃除・洗濯、
そしてそして何より重要な食料の調達をしなくっちゃ

大麦の防除

2006年5月7日 5:55 PM

先日の3回目の追肥から、
わずか2週間ほどで、
大麦がここまで生長しました~。

ほらっ、
すっかり穂が出てきています。
ビールになりそうなおいしい麦でしょう?
って、
残念ながらこれはビール用ではなく、
食用(うどんや焼酎)に加工される麦なんです。

その穂がそろってきた頃が、
第一回目の防除の時期。
防除とは、
病気と虫の予防の事。
麦の場合は、
主に赤カビ病の予防のための防除になります。

防除の方法はいろいろありますが、
うちはこれ。

じゃじゃ~ん
ブームスプレイヤー。
ブーム(=腕)でスプレイする機械で~す!!
腕の長さは左右で10メートルくらい!
長いです。
しかも散布範囲は15メートル近く。
だからおっきな田んぼの防除もあっという間。

まずは、
後ろのタンクにトップジンMという、
赤カビの防除の薬を投入。

次に用水から水を組み上げて、
希釈します。

そして、
ブームスプレイヤーの左右の腕から、
薬を噴射します。

ブームスプレイヤーの腕は、
左右折りたたみ自由なので、
田んぼの端などはご覧のように片方だけ腕をおりたたんで防除。

ブームスプレイヤーは、
稲の防除と溝切りという作業の際にも使います。
これがあると結構便利なのだ~。
見かけは細っちくって頼りなさげだけれど、
なんとこれ、
400万円もするのだ~!!!
(ただ新規就農者規模拡大支援事業という名目でかなり助成されています)

これからも、
このブームスプレイヤーにはしっかりと働いてもらわねば

代かき、代かき、代かき~っ!!

2006年5月6日 4:23 PM

田植えまでの田んぼの作業、
①耕起(パート1  パート2
②荒くり(パート1  パート2
③代かき

のうち、
現在③の代かきの真っ最中です。

先日は、
もち米用の田んぼの代かきを紹介しましたが、
今は普通のお米用の田んぼの代かきのピークです。

荒くり終了後に、
クローラーと呼ばれるキャタピラ部分の故障で緊急入院したともまるのトラクター。
かなりの重症だったようですが、
無事に退院、パワーアップして帰ってきました~
良かった、良かった

快調に代かきしていくともまる。
後方の作業機の横幅が長いので、
荒くりに比べると代かきは早い早い!
あっという間に次から次へと代かきしていきます。

田植えができるように田んぼの表面層を滑らかにする代かき。
お分かりいただけますでしょうか?
田んぼの表面が、
うっすらすじ状になっているのを。
これがいいんだそうです。
この「すじ」が大事なんだって。

その辺の事はよくわからない私ですが、
何はともあれ順調に代かきが進んでいき、
何と!!
今日でめでたく1回目の田植え用の田んぼの代かきが、
終わっちゃいましたーっ

2回目の代かきは、
今やっても田植えまでの間があきすぎて雑草が生えてきてしまうので、
明日は特にやることがない・・・・
えっ、
これって、
これって、
もしかして、
休み???
きゃ~っ、
久しぶりの休みだわっ!!!

やったー
やったー

明日は昼間っからビールだぜぃ

もち米の田植え

2006年5月6日 3:53 PM

昨日5日に、
もち米の田植えをしました~!

実は濱田ファームにとっては、
初めてのもち米づくり。
多くの方から、
お米だけでなくもち米も買いたいという声があがっていたので、
今年早速チャレンジしてみる事にしました!!

といっても小さな田んぼ1枚(→1反歩≒10アール≒300坪)だけだし、
苗も自分達では作らず、
知り合いの営農組合(→地域で集まって集団営農をしている組合)から
売ってもらいました。
もち米の苗作りは、
濱田ファームではもう少し先の話になりそうです。

まずは、
軽トラで営農組合にもち米の苗を買いに行きました。
1箱900円×18箱。
これは、
苗箱を積む専用ラック。

作業所から田植え機登場!!
1年ぶりの運転となる田植え機。
1年たつと運転方法やスイッチの位置などの記憶が
微妙におぼろげになってしまうので、
今日は試運転がてらの田植えです。

田植え機には苗箱を載せる高~いラックがあって、
まずはここに苗箱を載せます。

次に、
苗箱から苗を取り出す専用の板を差し入れて・・・

田植え機の後方部分に、
苗を滑らせるように置いていきます。

田植えと同時に肥料をまくので、
肥料タンクに肥料を入れます。

そしていよいよ・・・

田んぼに入水!
ざっぷ~ん!!

外周は一番最後に植えるので、
とりあえず進むだけ。
でも田植え機が入ったところは、
田んぼが荒れてしまうので、
周りで待機しているともパパが、
ご覧のようにイボリで田んぼをならします。

そして、
ようやく田植え。
今までハウスの温室育ちだった苗が、
外の厳しい世界に出された瞬間です!!
これからは独り立ちだ
頑張って育つんだぞ~

まだまだ頼りなさげに田んぼの中を漂っているもち米たち。
収穫は9月。
それまでには立派なもち米に成長していることでしょう・・・。