富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

濱田ファームの人々】 カテゴリの記事一覧

ともまるの生い立ち ⑤

2010年3月2日 9:34 PM

春の農作業が本格的に忙しくなる前に、
ともまるの生い立ちを何とか終わらせたい。
でもって、
余裕があれば私の生い立ちなんかもアップしたい。
って、
それはちょっとムリかな。

とりあえずは、
ともまるの生い立ち!
前回の大学・大学院時代に続いて、
今回は社会人のともまるをご紹介。

面接で、
「僕、季節の匂いがわかるんです」とのたまわり、
香料会社への就職を決めたともまる。

香料、
それはこの現代社会の食生活の中で、
皆さんが知らず知らずに口にしているもの。
ほぼ大抵の食品の中には香料が含まれている。
逆に、
香料がないと物足らないとさえ思う現代人が多いかも。

イミテーションといえばイミテーションなんだけれど、
安価な材料でより美味しい食品を作ろうと思うと、
香料は欠かせない添加物なんだろうなぁ。

そんな香料を研究して、
実際に作り出す仕事をしていたので、
仕事中はご覧のような白衣姿です。

同期の面々と、
東京の浜離宮で。
観光?!

香料の世界にたった5年しかいなかったけれど、
食品の裏側を知るには十分だったよう。
表示とかそのカラクリとか。

あとは、
人の食べ物に対する感覚のあいまいさ、
例えば、
人は舌だけでそれが何の食べ物かを感じとるのは難しい。
視覚と嗅覚と情報とに多くを頼っている。

マスカットとアロエはほぼ同じ香料なんだけれど、
マスカットと言われて食べればマスカットになるし、
アロエと言われればアロエになる。

極端に言えば、
赤だったらイチゴ、
紫だったらブドウ、
と食べる前から人は判断するんだって。
おもしろいねぇ。

そんな知識は、
実は今もすごく役に立っていて、
米の味に対する考え方にもけっこう影響しているかも。

難しい話はこの辺でヤメ。
社会人の時の愛車は205。

今、
私の隣でともまるがこの写真を見て、
良い車だったなぁ~、
また乗りたいなぁ~、
としみじみとつぶやいています。

欧州車は、
デザインもいいけれど、
走りも楽しかったみたい。
でも荷物は全然のらないけれどね。
おまけに当然、
壊れるしね。
クーラー壊れてずっと片手団扇だったもん。

でも、
楽しい車だった、
そう。

その205で、
あちこち旅行にも行きました!

これは北海道、
かな。
フェリーで上陸し、
キャンプしながら転々としたようです。

独身貴族、
優雅に遊んでいたんだろうな~。

——————————

米作りは、
単に田植えと稲刈りだけではなく、
あまり知られていない地味な作業の積み重ねの日々です。
収穫後の土作りから、冬の農閑期、1年で最も忙しい田植えの準備、
田植え後の草刈りと草取りの日々、そしてようやく待ちわびた収穫の秋。

そんな様子をありのまま、
できるだけ細かく伝えたい気持ちから、
このブログを更新しています。

また、より多くの方に実際の米作りの様子を知ってもらいたいと思い、
人気ブログランキングに参加しております。
米作りの様子がよくわかったぞ!という方は、
↓クリックしていただけるとうれしいです♪

ともまるの生い立ち ④

2010年2月20日 11:07 PM

ともまる、
今日明日と私たち家族を置いて、
ひとり新潟へとウキウキしながら出かけていった・・・。

いいもん、
いいもん、
いいもんね~!

私とcocoと、
2人でラブラブな週末を送っちゃうもんね~、
と言いつつ、
やっぱりちょっぴり淋しかったりして。

で、
ともまるは一体何しに新潟へ行ったのかというと、
新潟大学時代のサークル仲間が結婚するというので、
そのお祝いの席にかけつけたというわけ。

大学時代か~。
もう20年近く前の事だな~、
としみじみしていたら思い出した!

連載シリーズ(?)のともまるの生い立ち、
もうほとんどの方はその存在を忘れているかと思いますが、
生い立ち③で更新が止まっていたんだった!

というわけで、
久々、
何と2年近く間をあけてしまっていたともまるの生い立ちシリーズ、
今回はその、
新潟大学時代の様子です!!

理系で国立のみ、
という選択肢しかなかったともまる、
受かったのは新潟大学の農学部のみだったそうな。
特に農業の道に進もう!
とか考えていたわけでは決してない。
実際、
農学部出身で農業の道に進んだ友達はいないみたいだし。

あっ、
この写真は農学部とは全く関係なくって、
サークルでスキーに出かけたときの写真のようです、
たぶん。
本人いないので確認取れませんが。

それにしても、
時代を感じさせるウェアです(笑)。

ともまるは、
右から4番目、
かな?

アップだと、
こんな感じ。
わ、
わ、
若い!
当たり前だけれど、
若くてかわいくて、
今のおっさん面とは全然違います!

どうやらけっこうスキーには力を入れていたサークルのようで、
フォーメーションで滑っている写真も何枚か。
これも、
時代を感じさせますね。

ちなみにサークルは、
夏はテニス、
冬はスキー、
という当時の典型的なサークルです。
えぇ、
もちろん私も大学時代はそんなサークルに入ってました、
ははは。

それにしても、
写真、
遊んでいるのしかありません!
勉強しているとか、
研究しているとか、
学校の様子とか、
そんなものは1枚も出てきやしませんでした!

一応、
専攻は麦、
だったような話を聞いてます。
おぉ!
今の大麦に少しはつながってるじゃん!
と思ったら、
当時勉強した事は現在の農業には一切役立ってないそうです。
そうだよね、
そうだよね、
大学って研究するとこだもんね。
実際の農業の世界とはかけ離れてるんだろうね。

新潟の大学だったので、
車は必需品。
人生生まれて初めての車がこちら。
ファミリア?!
私にはよくわからん。
でも、
私はカナダでフェスティバ(フォード)に乗ってたんだよね。
これって仲間みたいなもん??

アルバムをめくってもめくっても、
とにかく浮かれポンチ状態で遊んでいる写真ばっかり。
(ともまるは右端の太郎くん)

勉強ははて?
してたんだろうか?
学業よりも、
人生の勉強をきっといっぱいしていたんだろう。
私はそうだったなぁ。

大学卒業時の写真だと思われる。
が、
ともまる(後列中央)は大学院に進学したので、
卒業式は関係なし。

大学院では雑草の研究をしていたみたい。
雑草の研究っていったい・・・・?
当時から今にいたるまで、
雑草とは深いつきあいのようだ(笑)。

以上、
遊んでばっかりだったみたいの学生時代のともまるでした。
次回(いつだ?!)は、
社会人のともまる、
そしてカナダへ渡ったともまる、
へと続く予定。

あっ、
とってもキュートなともまるを見てみたいわ♪
というマニアックな方は、
生い立ち①を見てね☆

ともまるの生い立ち ③

2008年3月21日 11:25 AM

お待たせいたしました!
ともまるの生い立ちシリーズ第3段です!
えっ?
待ってない?!
でも!
中にはこのシリーズを楽しみにしているマニアの方もいるようです(笑)。

前回の記事で、
中学・高校時代の写真が全くないと書いたんですが、
中学時代の写真が数枚だけ発掘されましたのでアップします。

これは、
きっと中学入学の時でしょうね。
学ラン・学帽にたすき掛けした白い鞄が、
正しい中学生といかった雰囲気をかもしだしております。

ちょっと顔が小さいのでわかりづらいんですが、
今と全く同じ顔です。
ちょとだけ、
本当にちょととだけ若く見えるかな・・・?

これは、
恐らく体育祭の時でしょう。
生徒代表でなにやら宣誓をしているようです。

ともまるの性格上、
あんまり代表になったりリーダーシップを発揮したりするタイプではないんですが、
身体が大きかったという理由だけで、
当時はよくこういう役目を果たしていたみたいです。

最後の1枚は、
富山男児なら絶対に上らなければいけない立山登山の時。
ともまるは、
後列1番右です。
坊主頭がまぶしいです、きらり~ん

何だかあんまりいい写真が残っていないのが残念。
高校の写真は全然ないしね・・・。
という事で、
次回はいよいよ青春全開!
はじけまくり(?)の大学生のともまるをお届け!

@@@@@@@@

実は密かにこのシリーズを楽しみにしている・・・
そんなあなた!
↓クリックしてくださいね~。

@@@@@@@@

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

ともまるの生い立ち ②

2008年2月15日 6:05 PM

ともまるの生い立ち①はいかがでしたでしょうか?
キュートなともまるの赤ちゃん姿を見て、
胸がキュンとなっちゃったのはやっぱり私だけ?!
今のともまるを知っている人には、
どうやら笑いが止まらなかったようです(笑)。

こちらは、
さらに成長した小学校入学時のともまるです。
妹ももう1人増えて、
立派なお兄ちゃんになりました。

妹さん2人とも結婚してすぐ近くに住んでいるので、
濱田家は月一くらいで家族全員が大集合。
いつも飲めや食えやの大騒ぎ会が催されております。

家のすぐ近くの石田小学校。
屋上からはご覧のように、
田んぼと北アルプスがきれいに望める絶景。

左から2番目がともまるなんですが、
同級生の中でも縦にも横にもひとまわり大きかったみたい。
健康優良児でしたが、
今でもそれは変わらず健康そのもの。
農業は身体が資本ですから!

家から車で30分の宇奈月温泉スキー場。
小さい頃からよくお父さんに連れられてスキーへ出かけてました。
ちなみに今日もスキーに行っているともまるです。
今日は雪がけっこう降ったから、
新雪楽しかっただろうなぁ・・・。

小学校高学年になると、
地域の秋のお祭りで獅子舞の小天狗として踊っていたともまる。
大人になってからの獅子舞の様子と是非比べてみてね。

実はこの後の、
中学・高校の時の写真が全然残っていないんです・・・。
何故?!
反抗期だったのかとも思ったんだけれどそうでもないようで、
普通に地元の中学に行き卓球部で卓球を学び、
高校も普通に地元の高校へ進学してバレー部でバレーを学んだようです。
はて勉強は・・・?

という事で、
次回は大学に進学してからのともまるの生い立ちをお届けする予定です!

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

@@@@@@@@

お米の直売についてはこちらをご覧ください。

ともまるの生い立ち ①

2008年2月13日 6:02 PM

今日も、
いつもと同じように午前中は味噌作り、
午後は作業所というブログ的につまらない(失礼!)1日。

という事で、
先日予告したとおり、
今日から少しづつともまるの生い立ちについてご紹介したいと思います!

濱田ファームの代表、
濱田智和は濱田家の長男として、
昭和46年12月に生まれました。

まぁ!
今のともまるからは想像できないくらいカワイイです(笑)。
でもそれ以上に、
ともまるのお母さんがすごくかわいい!
ちなみに今現在も、
お母さんのそのかわいさは健在です。

今は、
目があいているんだかあいていないんだかわからない細さで、
目医者さんにもちゃんと目をあけてください!
と怒られるくらい目が細いともまるですが、
小さい頃は目がぱっちりでした☆

こちらはともパパ。
元々はJR職員でサラリーマンだったともパパ。
定年退職後は宇奈月ビール館という、
地ビールが飲める道の駅のマネージャーとして働いていましたが、
ともまるが突然農家になる!
と言い出して人生が変わってしまいました。
今では、
ともまるの大事なパートナーとして濱田ファームを手伝ってくれています。

お父さんお母さんはもちろん、
一緒に暮していたおじいちゃん・おばあちゃん、
そしてひいおばあちゃんにもかわいがられて育ったともまる。
かなりのわんぱくぶりだったようです。

1歳違いの妹さんと。
やはり男の子だから、
当時から車などの乗り物が大好き!
今でも車はもちろん、
大きな農機具に乗ると心が躍るようです。

つづく。

@@@@@@@@

より多くの方にこのブログを読んでいただけたらと思い、
人気ブログランキングに参加しております♪
↓クリックしていただけると更新の励みになります。

@@@@@@@@

お米の直売についてはこちらをご覧ください。