富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

ブログ タンボマスターへの裏道

ブログ タンボマスターへの裏道

乾燥された籾のその後

2020年9月26日 2:17 PM

稲刈りはあと黒米の田んぼを残すところとなりましたが、
コンバイン(黒米用のオールドスタイルな小さなもの)が壊れたり、
田んぼがぐちゃぐちゃだったり雨にやられたりで、
なかなか先に進んでいません・・・・。

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

さて今日は、
稲刈りのその先、の続き。

刈り取られた籾(もみ)が作業所に運ばれ、
乾燥機で一晩かけてゆっくり保管に適した水分量になった後、
どうやって「米」になるのか、
について。

乾燥された籾は、
乾燥機から長い長いパイプを通って、
まずは籾摺り機(もみすりき)という機械へ。

すごい勢いで、
籾が籾摺り機に吸い込まれていきます。

そして、
埃も音もすごいです!!

この機械に通すと、
籾(もみ)から籾殻(もみがら)が取り除かれて、
茶色いお米=玄米になります。

目にもとまらぬ速さであっという間に一皮むける、
というわけ。

玄米になっても、
たくさんの異物や未熟な粒や虫食いの粒が混在しているので、
いくつかの選別機に通していきます。

これは石抜き機。
想像しづらいかもしれませんが、
お米にはたくさんの小さな石が紛れているんですよーー。

これは色彩選別機。
虫食いなどで黒い斑点がある米粒や、
未熟な緑色の米粒を、
すごい速さで選別してくれます。

その奥には、
お米の粒の大きさで選別する機械もあります。

いくつかの選別機にかけて、
きれいな玄米の状態になったら、

こうして米袋に重さを量って、

ビシッと縛って、

楽だ君で下から持ち上げて、

パレットに積み上げていきます。

楽しそうにやっていますが、
これを稲刈りの合間にやるので、
なかなかしんどいです。

米袋や、
1トンのお米を入れる事ができる大きな大きなフレコンと呼ばれる袋に詰めて、
こうして積み上げて次の行程、
農産物検査を待ちます。

ただ稲刈りをするだけでは、
当たり前なんですがお米にはなりません。
稲刈りという晴れ舞台での一大イベントの裏ではこうして、
乾燥→籾摺り→袋詰めという地道な作業があって、
そうしてやっと検査を受けて出荷という運びになります。

濱田ファームは、
基本的には濱田智和1人がこの全ての作業を担い、
どうしても人手が必要な時にお手伝いの方に来てもらっています。
だから、
大きな農家さんのように誰かが稲刈りしている間に誰かが籾摺りして、
そして誰かが検査して誰かが出荷する。
そんな分業ができません。

新米お届けまでにどうしても時間がかかるのは、
こういう理由だからなんですが、
だからこそ、誰が作ったかわからないお米ではなく、
濱田智和が最初から最後まで手をかけたお米になります。

もう少々、
新米を楽しみにお待ちいただけたら嬉しいです!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●土日祝日お休み・平日不定休
●10:00~18:00くらいの間で農作業の合間に対応しています
●新米のご注文方法はこちらをどうぞ
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

 

稲刈りのその先

2020年9月21日 4:43 PM

4連休、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

我が家はもちろん!
稲刈りです!!

ただ単に稲刈りをしているというだけではなく、
稲刈りについてまわる諸々の作業をしています。

稲刈りは、
田植えと同様に一般的には米作りの一大イベント、
華やかな晴れ舞台のような農作業ではありますが、
実際には稲刈り以外の一般的にはあまり知られていない作業の積み重ねを経て、
ようやく「お米」になります。

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

今日は、
稲刈りだけではない、
一般的にはあまり知られていない、
稲刈りのその先の作業についてお伝えしたいと思います。

コンバインから軽トラ荷台の籾コンテナに排出された籾(もみ)は、
田んぼんから作業所へと運ばれてきます。

こちらが、
我が家の作業所(お借りしています!ありがとうございます!!)。

稲刈り作業での、
超難関ポイントがこちら!

乾燥機側のドアが、
軽トラがようやく入れる幅しかないんです!

お手伝いに来ていただける方の条件として、
我が家では以下の3つをお願いしています。

①普通免許書をお持ちである事
②ミッションを運転できる事
③サイドミラーをちゃんと見れる事

私は①②はクリアしていますが、
③が微妙に自信ありません・・・・。

晴れて作業所内に侵入した後も、
長いバック走行が待ち構えていますので、
④バックに支障がない事
も付け加えさせてください。

乾燥機にたどり着きました!
さすが精鋭部隊の1人、
運転が丁寧・安全、かつ上手です!!

あとは、
籾コンテナに自動排出装置を取り付けて、

乾燥機の投入口にセット、
ボタン1つで自動で籾が乾燥機に吸い込まれていく、
という仕組み。

お手伝いの方の1人(毎年お手伝いありがとうございます!)は、
マスクをしていますが、
これはホコリ対策です。

一般の方には想像もできないくらい、
もんのすごい埃とゴミがモワモワなんです。
その場にいるだけで埃っぽくなります(笑)。

籾はこうして乾燥機へ。

まずは送風で落ち着かせて、
乾燥機がいっぱいになったら一晩かけてゆっくりと、
保管に適した水分量に乾燥させていきます。

稲刈りの日はこうやって、
ひたすらコンバインで刈り取り、
刈り取った籾を乾燥機に張り込む作業の繰り返し。

よく稲刈りのお手伝いをしたい、と言っていただくのですが、
稲刈りのお手伝いにテデカール(鎌で稲を手刈りする)はほぼなく、
この、
軽トラを運転して乾燥機に張り込む作業の繰り返し、
以上となります。
よろしくお願いいたします!

次回は、
乾燥された籾のその後、の予定。
どうぞお楽しみに!?

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●土日祝日お休み・平日不定休
●10:00~18:00くらいの間で農作業の合間に対応しています
●新米のご注文方法はこちらをどうぞ
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

稲刈りの日々です!

2020年9月17日 4:45 PM

タイトル通り、
稲刈りの日々が続いています!

そしてまだお伝えできていませんが、
稲刈りと稲刈りの合間には乾燥調製、
という作業もしています。

このブログの読者にはおなじみ(?)の乾燥調製、
それについてはまた改めてお伝えするとして、
今日も稲刈りの様子をどうぞ!

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

新しいコンバインの調子が素晴らしすぎて、
カチカチの田んぼで倒れていない稲の刈り取りは、
非常にスムーズ。

因みに、
コンバインというのは正式名称(?)コンバイン・ハーベスターと言います。
簡単に訳すと、
いろんな機能を併せ持った収穫機。

そう、ただ稲を刈り取っているだけのように見えて、
実はそうではないんです!

刈り取られた稲穂はコンバインの内部で脱穀、
さらに選別されて、
藁(わら)と籾(もみ)に分けられます。
藁は裁断されて田んぼへ、
籾は内部タンクに貯められていきます。

かなり複雑な上に人の手で1つ1つ作業していたら、
とてつもなく時間がかかる事を、
コンバインはさらりとやってくれている、というわけ。

刈り取りスピードが速いので、
あっという間にコンバイン内部のタンクが満タンに。

満タンになったらこうして、
長い象さんの鼻のようなオーガと呼ばれる自動排出装置から、

あ、きたきた、
籾を運搬する軽トラが来ましたよー!

この軽トラの荷台にのせている、
籾コンテナと呼ばれる入れ物に、

籾を排出していきます!

空も雲も風も秋だなーーー。

なんてのんびりしていると、
風に漂って埃がすごい勢いで飛んでくるので、
写真を撮る位置、重要です!

もうこれなんて、
埃に弱いカメラがすぐ駄目になりそうな1枚。
決死の覚悟で撮影しましたよ!!

さてさてこの籾は、
この後に作業所に運ばれて乾燥機へ。
そして、
冒頭に書いた乾燥調製という作業を経てお米になるわけなんですが、
その様子はまた次回にでも!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●土日祝日お休み・平日不定休
●10:00~18:00くらいの間で農作業の合間に対応しています
●新米のご注文方法はこちらをどうぞ
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

 

稲刈り始まってます!

2020年9月9日 2:39 PM

台風の影響によるフェーン現象で、
猛暑の日々が続いていた日本海側。
黒部も暑かった💦

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

さてさて!
ブログ更新がままならない忙しい日々ですが、
令和2年の稲刈り、始まってますよーー!

お天気が良すぎて、
光が強すぎて、
写真が撮れませんーーー。
(単に技術不足ともいいます)

ピッカピカだった新車も、
すぐに足回りのキャタピラはドロドロ、
本体は埃だらけになりましたが、
さすが新車♡
しっかり働いてくれます!

これまでのコンバインは4条(稲株を4列づつ刈り取る)でしたが、
新しいのは5条刈り!

え、たったの1条でそんなに違う?
っていうくらい、
刈り取りスピードがアップしたようです!

もう、4条には戻れないと、
贅沢な発言が飛び出しました(笑)。

少し倒れかけている稲ですが、
これくらいは全く問題なく、
ジャンジャンバリバリ刈っています!

新車ってすごい(笑)!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●土日祝日お休み・平日不定休
●10:00~18:00くらいの間で農作業の合間に対応しています
●新米のご注文ページはただいま作成中です。( 令和元年産のお米は完売しました! )
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

 

 

稲刈り前のテデトール!

2020年9月6日 1:37 PM

台風の被害が最小限になる事を願っています。
九州や四国地方の農家仲間さんが気になりますが、
何もできない私たちです。

ただ日々の生活を大切にして、
稲刈りに備えて準備をするだけ。
私たちが今できる事・やるべき事に向き合っています。

今は有難いことに、
たくさんの新米ご注文・お問い合わせをいただいています。
メールがあまりにも多くて、
返信が全く追い付いていません。
申し訳ありません!

自動応答メールではなく、
1つ1つきちんと向き合って返信させていただいております。
どうぞ、
気長にお待ちいただければと!

 

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

さて1枚目の写真、
一応田んぼで一応イネという作物を育てているはずなんですが、
すっかりこの、
クサネムという雑草に浸食されてしまい、
嬉しくないけどバッチリ綺麗な写真が撮れちゃいました・・・・。

他の雑草と違って、
クサネムが厄介なのは鞘の中に入っている種の大きさがほぼほぼ、
お米と同じだという事。
そして、真っ黒だという事。

どういう事かというと、
米粒の大きさで未熟なものとそうでないものとを選別する機械に通しても、
クサネムははじかれない。

普通の品種のお米であれば、
色彩選別機も通しているので、
緑や黒い斑点があるお米がはじかれて問題はありません。

しかーーーし!

こちら、病気に見えますが、違います!
黒米を作付けしている田んぼなんです!!

もち米の品種の古代米で、
白米に少量を混ぜて炊くと淡い紫色のご飯になり、
もちっとした食感と甘みで大人気。
リピーターさんが多いお米です。

もともと黒いお米に、
同じ粒の大きさの黒いクサネムの種が紛れてしまうと、
大きさで選別する機械でも色で選別する機械でも、
太刀打ちできません!

というわけで、テデトール!

なにやらカッコいい秘密兵器的な響きですが(え?そうでもない??)、
単に手で雑草と取る、
それだけです(笑)。

見てください、この写真。
チクチクかゆい稲の葉っぱに顔を突っ込んで、
雑草を根元からテデトール姿を!

知らない人は痒くないかもしれませんが、
体験した人は見ているだけで痒いと思います。
痒いというか、ちょっと痛い、です。

暑い日中を避けて、
早朝や夕方にできるだけテデトールするようにしていますが、
なかなかの重労働で嫌な作業です。

そして、とにかく終わりがありません。
クサネムだけならまだしも、
他の雑草も全てテデトールするのは現実的ではありません。

昔は雑草との戦いだ!
と張り切ってテデトールしていましたが、
今は雑草と戦っても勝ち目はないと諦めの境地で、
他の田んぼは放置(笑)。

黒米の田んぼだけはしっかりと、
クサネムをテデトールするようにしています。

いよいよ稲刈り直前。
稲刈りの準備を進めつつ、
最後のテデトールと草刈りとに励む日々でしたが、
今年の稲刈り、
いよいよスタートします!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●土日祝日お休み・平日不定休
●10:00~18:00くらいの間で農作業の合間に対応しています
●新米のご注文ページはただいま作成中です。( 令和元年産のお米は完売しました! )
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram