富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

ブログ タンボマスターへの裏道

ブログ タンボマスターへの裏道

12月KAYADOフリー出店レポート

2020年12月18日 11:21 AM

雪の日々です。
ニュースでも報道されていますが、
日本海側は大雪で道路が閉鎖されたりと大変な状況の場所もあります。

幸い、
濱田ファームの周辺は思ったより積雪もなく、
ほぼ平常通りです。

ただ、
配送は大きく乱れているようで、
発送でのお届けに遅延が生じる可能性が今後も高そうです。
ご理解いただけますようお願いいたします。

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

さて先日、
12月13日に黒部パッシブタウンで開催されたKAYADO(カヤドー)フリー
ふらっとマルシェに出店してきたのでその様子をお伝えしたいと思います。

今年度はコロナ禍のもと、
オンラインでの開催が続いていたKAYADOフリーですが、
先月11月と今回の12月の2回のみ、
リアルでの開催となりました。

縮小バージョンとはいえ、
●ふらっとマルシェ
●クリスマスリースのチャリティーオークション
●まちかど音楽会
●野あそび「葉っぱの窓の壁かけ」
などなど、
十分に盛りだくさんの内容でした!

会場ではサンタさんが、
子ども達と一緒に写真を撮ったり、
またこの状況ならではでしょうか、
検温を呼び掛けたりしていました。

会場はクリスマスムードたっぷり。
お天気はあいにくの雨模様でしたが、
青空が出る時間帯もありました。

そんなお天気でしたが、
たくさんの方に楽しみにしていただいていたようで、
会場はなかなかの人出でしたよ。

まちかど音楽会は、
精力的に活動されているピアニストさんもいらっしゃってました!
ちゃんと聞けなかったのが残念。

こちらは弦楽器のメンバーの方々。
生の音はやっぱりいいですね♪

そして私もピアノを少しだけ。
去年までは精力的にバンド活動した、
総菜Barカタコト屋さんと一緒に2曲ほど演奏。

そうそう、
こちらもたくさんの方がチャリティーオークションに参加されたそうです。

どれもとっても素敵なリース、
全て旅立っていったとか。

大人も子供も自由に、
KAYADOフリーの思い出を窓に描いていた姿も印象的。

皆さんの思いが集まった、
とっても暖かい雰囲気のKAYADOフリーでした!

来年度はまだ開催未定のようですが、
開催されたらまた濱田ファームも、
ふらっとマルシェで参加したいと思っています!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●土日祝日お休み・平日不定休
●10:00~18:00くらいの間で農作業の合間に対応しています
●新米のご注文方法はこちらをどうぞ
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

 

 

秋(?)起こし作業しています!

2020年12月4日 3:11 PM

12月に入り、
空気も空も雲も冬!という雰囲気になりました。

天気予報にも、
この先は雪マークが現れていて、
タイヤ交換を済ませた?が挨拶代わりになっています。

そう、
ここは北陸、日本海側。
関東の太平洋側とは全く違うお天気が何ヶ月も、
この先ずっと続きます・・・。

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

さて、天候には関係なく、
田んぼでの農作業の日々です。

堆肥の散布が終わったので、
今は秋起こしをしています。

秋??
とつっこまれそうですが、
誰がなんと言おうとこれは!
秋!!起こしです!!

毎年の事ですが、
雪が降る前に秋起こしを終わらせる、
これが目標になっています。

ちなみに、
これまで一度も目標達成した事はありません。

頑張ります!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●土日祝日お休み・平日不定休
●10:00~18:00くらいの間で農作業の合間に対応しています
●新米のご注文方法はこちらをどうぞ
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

堆肥をまく日々でした!

2020年11月13日 2:13 PM

平野部の紅葉も始まり、
色づく木々が綺麗になってきました。

山はもうすっかり真っ白。
冬がすぐそこまで来ている事がわかります。

でもまだまだ、
雲は空高く空も青く海は穏やか。
秋の、まさに行楽日和といった趣です。

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

行楽日和ではありますが、
同時に、
農作業日和でもあります。

本格的な冬が来る前に、
つまりは雪が降る前に、
やっておかなくてはいけない事がたくさんあるわけなのですが、
その1つが堆肥まき。

稲刈りと同時並行で仕込んでおいた籾殻堆肥や、
とっても頼りにしている先輩の酪農家さんからわけていただく、
完熟した牛ふん堆肥を田んぼにまきます。

化学肥料のような即効性はありませんが、
大事な大事な土づくりの一環として、
濱田ファームでは毎年この時期に田んぼに堆肥をまいています。

ブログでは全くお伝えできていませんでしたが、
新米発送に明け暮れていた10月から、
ずっと堆肥をまく日々でした。

それもようやく終わって、
さて、これからは、トラクターで田んぼを起こす、
秋起こしという作業です。

秋のうちにやらないと秋起こしにならないわけですが、
毎年どうしても雪が降ってきてしまって、
冬起こし状態になってしまいます。

今年こそは!
雪が降る前に終わらせたい!!

けれど、
トラクターは現在、入院中。
とある部品が壊れてしまって、
その部品だけで20諭吉さまが飛んでいきそうで、
頭の痛い日々です・・・。

それでも、
トラクターがないと何もできないので、
早く退院してきてくれる事を願うばかり。

田んぼの稲は、
稲刈りで刈り取られた稲株からまた、
こんなに青々とした葉っぱが生えてきていて、
中には既に穂を持つ株もありました!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●土日祝日お休み・平日不定休
●10:00~18:00くらいの間で農作業の合間に対応しています
●新米のご注文方法はこちらをどうぞ
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

11月KAYADOフリー出店レポート

2020年11月11日 11:29 AM

黒部のローカルコミュニティイベントKAYADOフリー
久しぶりの開催で縮小版だったとはいえ、
マルシェに野遊び、街角音楽会、あおぞら朗読会、モルックもあり、
たくさんの方の笑顔で溢れた1日となりました。

こんにちは!

無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

マルシェは私たちも出店、
相変わらずお米は売れないけれど(苦笑)、
たくさんのお客様・友人知人が次々と来てくれて、
座っている暇がなくほぼ立ちっぱなしでお話が弾みました。
「人と出会う場所」がマルシェという私たちの思いそのままでした。

 

今回はスタート前から行列ができる人気出店者さんがいたり、
お野菜から加工品、革製品からフェアトレード品、
骨董屋さんにお塩屋さん、

そして鈴木マサルさん傘10周年キャラバンありと盛りだくさん。

野あそびは、
紅葉が見ごろの会場パッシブタウンでの秋の宝物を探し。

足元にある小さな秋がいっぱいでした。

子供があっちに行きたいとグイグイ進んでいくのに、
大人がそっちには何もないよと止める姿にハッとしました。
きっと、

子どもだけに見つけられるキラキラの宝物がいっぱいあるんだろうな。

落ち葉の山に入っていて、

落ち葉と戯れキャーキャー楽しそうにしている姿もあちこちで見られました。

街角音楽会は、
カラフルにイラストされたストリートピアノ。
スタインウェイをもじったイラストに思わず笑顔になります。
うちの娘はもちろん、

小さなお子さんから年配の方までピアノの音が絶えない1日でした。

あおぞら朗読会は、
黒部の劇団フロンティアの方が地元に伝わる民話「三本柿」を朗読されたそう。
地元の方が地元の民話を朗読、

しみじみ素晴らしい取り組みだと思いました。

モルック(屋外ボーリングのような遊び)は、
既にKAYADOフリーの人気コンテンツ。
これを目当てにいらした方もいたようです。
もちろんうちの娘も。
KAYADOフリーでしか会えないお友達がたくさんいるようで、
久しぶりの再会を楽しんでいたのが印象的。

子供たち同志の世界がしっかりあるようです。

久しぶりのリアル開催だったKAYADOフリーは、
来月12月も開催予定。
第2日曜日13日です。
マルシェ出店者さんも募集中ですよー。
きっとクリスマス雰囲気を楽しめる1日になると思います。

またパッシブタウンでお会いしましょう!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●土日祝日お休み・平日不定休
●10:00~18:00くらいの間で農作業の合間に対応しています
●新米のご注文方法はこちらをどうぞ
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

こんな気持ちで新米をお届けしています!

2020年11月9日 11:07 AM

新米のお届けに追われていた10月が、
あっという間に過ぎ去りました。

有難いことにたくさんのご注文をいただき、
しかも初めてご注文をいただく方がとても多くて、
それにお応えするだけでいっぱいっぱいの日々でした。

毎日ミスがないように注意を払い、
それでもミスが出てしまったりと、
時にご迷惑をおかけしてしまった事もありました。

もうお客様1人1人と向き合って、
直売・直販というスタイルは私たちには無理かもしれない、
と弱気になる事もありました。

それでも、
今年も楽しみにしていますとか、
今年も美味しかったなど、
お客様からのお声を直接いただける事は、
大きな励みになる事も事実です。

いつまで続けていけるか不安ではありますが、
もう少し踏ん張りながら頑張っていきたいと思います。

これからも専業「米」農家として頑張っていく!

そんな思いを、
去年から連載させていただいている小学館WEBマガジン、
「お米農家のヨメごはん」#38に書きました。

以下、
連載から少し引用しつつこちらのブログにも残しておきたいと思います。

HPにはお買い物カゴがない。
クレジットカード払いもできない。
クリック1つで何でも買えて届くシステムは確かに便利だけれど、
人と人との繋がりを求めて、
あえて(というのは強がり、最初はお金がなくてできなかった)やっていない。

だからお客様はいちいち、
初めて注文しますとか、
こうこうこうだからお米をお願いしますとか、
富山の美味しいお米を探していてとか、
人づてにお勧めされてとか、
前置きや説明をつけてご連絡いただく。

主食としてのお米をただ注文している・届けているという関係ではなく、
主食を通して人と人との関わりをお互い感じる。

結婚して家族が増えた
入院して消費が減った
息子が部活を始めてすごく食べるようになった
娘がダイエットを始めて消費が減った
生まれた子どもの離乳食に食べさせた
子どもの結婚が決まり家族構成が変わった
春から子供が大学生になり家を出て行った

お米が主食だからこそ、
その方の家族構成や生活スタイルの変化によって、
お届けするお米の量が変わる。
お客様もそれを伝えてきてくれる。
私は各家庭の様子を想像しながらメール返信するしお米を用意する。

正直、すごくすごく時間がかかる。
とっても非効率的だ。
でも、
こんな幸せな事があるだろうか。

主食であるお米を、
お米だけを作っている喜びと誇りがある。
これからも専業米農家として頑張っていきたい。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●土日祝日お休み・平日不定休
●10:00~18:00くらいの間で農作業の合間に対応しています
●新米のご注文方法はこちらをどうぞ
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram