富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

米ぬかの散布

2010年3月18日 10:19 PM

冬の間は、
完全エンジン停止状態。
3月に入っても、
なかなかローからセカンドにさえ、
ギアがあがらない雰囲気のともまる。
今年は(も?!)どうやら、
いきなりトップギアに入れて、
油断していた周りのヤツラをぶっちぎる予定のようです(笑)。

ローでもセカンドでもトップギアでも、
何でもノロノロ遅い軽トラですが、
その荷台になにやら怪しげな粉の入った袋が・・・・。
って、
怪しいものではありません。
単なる米ぬかです、
ぬか!

今日ようやく重い腰をあげたともまる。
田んぼに米ぬかをサワサワとまいてみました。

冬期湛水で、
冬の間ずっと水がはった状態だった田んぼ。
今年は直売用の全ての田んぼを冬期湛水にしていますが、
米ぬかを播くのは減農薬と無農薬の田んぼのみ。

本当なら、
冬の間せっせと作っていた米ぬかペレットをパパパっとトラクターで播きたかったところですが、
完成したペレットの量がそれほど多くない。
ペレットは田植え後の散布時まで保管しておきたい。
という事で、
何も植わっていないこの時期、
気にせず田んぼにジャブジャブ長靴で突入していき、
袋をぶちまけるように豪快に米ぬかを散布!

冬期湛水も米ぬかの散布も、
どちらも抑草効果を期待して。

本当なら、
去年の秋の稲刈りのあと、
堆肥を散布してトラクターで耕起してすぐに、
米ぬかをまけばもっと土のトロトロ層ができて抑草効果を期待できるんですが、
これは来年の課題。

米ぬかたちよ~、
がんばって草と戦ってくれよ~!
と、
切に切に願うともまるでありました。

今年のテデトールが、
少しでも楽になりますように。
春の祭り、
本来なら豊作を願う祭りだけれど、
うちはそんな事をねがっちゃったりしそうです、
うふ。

——————————

●平成21年産のお米の直売については、こちらをご覧ください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です