富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

種籾の催芽

2010年4月13日 10:38 PM

そういえばトキ、
2羽目がここに来ているみたいですね。
1羽目のときめきちゃんは、
ここに住み着いてもうすぐで1年。
2羽目も定住するのかなぁ・・・?
いろんな意味でドキドキ(笑)。

さてさて、
さすがにともまるもこの時期はバリバリ働いていて、
毎日ブログを更新していても、
その仕事の速さに追いつけません!
もっともっといろんな仕事をしているのに、
なかなかブログで紹介しきれない!
悔しーです。
負けてる気分です、ワタシ・・・・。

とりあえず今日まずは、
育苗の作業の様子から。
約2ヶ月間に及ぶ育苗の行程は、
以下の通りの11段階。

1:選別
2:小分け
3:消毒(温湯消毒・直売用農薬による消毒・出荷用
4:浸種
5:催芽
6:風乾
7:播種
8:ハウスへの苗だし
9:出芽
10:苗をならべる
11:潅水&温度管理(プール・直売用とビニールハウス・出荷用)

今日は、
5:催芽の様子。
「さいが」と読みますが、
温かいお水の中につけて、
種籾の芽を出させる作業です。

じゃじゃ~ん!
これが催芽機。
1年に1回、
この時期だけしか使わないムカツク農機具の代表格です(笑)。

緑のカバーをパカっとあけると、
内部はこんな感じ。

タンク内の水が、
シャワーとなって循環。

水温は30度に一応、
保ってくれてます。
それくらいしてもらわなきゃね、
ぷんぷん。

右の写真は、
ご家庭でよく見かけるお酢です、お酢。
温湯消毒した種籾は、
ここでもう一度念のため殺菌。

催芽機にぴったりと張り付く怪しいともまるですが、
何をしているのかというと、
芽がどれくらい出ているかをチェックしているだけです。

ちょこっと取り出してみて、
さらに確認。

種籾がふっくらして、
ほんのちょこっと芽が出ている状態。

出なさ過ぎもダメ、
出すぎもダメ、
で、
最初の頃は夜な夜な1時間おきくらいに確認していたともまるも、
経験を積んできたようで、
この状況だとこの時間でオッケー!
とわかるようになってきてずい分楽になったみたい。

だてに、
毎年の作業内容を細かく記録していたわけではなかったようです★

——————————

平成21年産のお米、まだまだあります!
ありすぎてちょっと恐怖です(笑)!

初めての方はもちろん、
お久しぶりの方、
ちょっと迷っていた方、
農家だけどよそのお米が気になるという方、
どんな方でも問題なし!
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい☆

直売について詳しくは、こちらをどうぞ。

コメント

2 Responses to 種籾の催芽

  1. もくもくランド♪ より:

    おはようございます(^^♪
    今日も変な天気ですよね~^^;
    今朝、でみぞれ降ってましたよ

    うちは、近くの育苗センターというところで
    ハウスの苗出しまで、やっているのを買ってます(種子用)
    ま~コスト削減からいけば、自分で選別→〃→播種まで、できればいいんですが・・・兼業には厳しく
    一度、共同でという話もあったのですが
    年輩者の方は抵抗があるらしく×になりました

    まだまだ改善できる点はあるとはおもうんですが・・・

    濱田さんは、専業になられてながいんですか?
    濱田ホームってどこら辺にあるんでしょうか?

    毎日カキコしてごめんなさい、ブログ嵐みたくて
    毎日見るの楽しみでついつい

  2. ともまる より:

    もくもくランド♪さんへ
    今日は寒い中、播種作業でした。
    播種~育苗は大変な作業ですので、専業じゃないと難しいでしょうね。
    ちなみに我が家は7年前から専業農家となっています。

    苗がハウスに出てしまうと、いよいよ目が離せない超農繁期に突入です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です