富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

GW ~育苗の失敗とcocoの誕生日とトキと~

2010年5月5日 9:15 PM

前日の記事の通り
怒涛のゴールデンウィークでした!

やっと今日で連休終わり、
正直ホッとしてます・・・・。
とりあえずヒトヤマ越えた感じ。

で、
ゴールデンウィーク中のいろいろあった中から、
今回はあえての失敗を。
今後の私たちの教訓というか、
戒めというか、
何というか・・・・。

こちら、
2回目に播種した販売用の苗の寒冷紗をとったところ。
もう、
その姿を見て愕然!

写真の、
苗の緑色で濃い部分がところごころあるのが、
水が足りなくて葉先が枯れてしまった部分なんです。

軟弱だとお互い認識しつつも、
とにかく長い苗を求める農家さんが多いプレッシャーから、
何としてでもそれに応えようと寒冷紗(被覆材)をずっとかけて、
苗の腰を伸ばしていました。

寒冷紗がかかっている間は、
基本水やりなし。
でも日数も長いし心配で、
何度か寒冷紗をはぐって土の乾き具合を確認はしていたんです。


(寒冷紗をとった翌日の様子。枯れた葉先が黄色くなっています)

確認はしていたんだけれど、
全部の寒冷紗を取り払って、
全部の苗を確認をしてたわけではありませんでした。

私も、
ともまるも、
2人とも確認をしていたのに、
2人とも確実ではなかった・・・・。

そうしたらこんな結果に。
確認した苗は問題はなかったけれど、
確認をしていなかった苗は水が足りず、
葉が枯れてしまっていて・・・・。

もう、
ガッカリ。

自分が情けなくて、
悔しくて、
後悔しまくり。

プレッシャーがとにかく大きくて、
販売の時期には胃が痛くなるくらいの気弱なワタクシなので、
来年は苗の販売はやめたい!
と考えてしまったり・・・。

でも、
クヨクヨしてもどうしようもありません!
すぐさま行動!

とにかく、
苗を取りにくる農家さんの邪魔にならないように、
葉先が枯れてしまった苗を一箇所に、
ハウスの一番奥に集めました。

これが、
今思い出しでも笑っちゃうくらい大変!
ともまるとともパパと私と3人で、
暑いハウスの中、
重い苗箱をもってウロウロ。
半日かけてパズルのように苗箱を移動。
か弱い私は倒れるかと思いました(笑)。

でもこれは、
管理を怠った私たちへの罰だと思い、
また来年の教訓としてがんばりました。

上の写真が移動させた後ですが、
葉先は枯れてても成長はしているので、
ずいぶん目立たなくなっています。

集めた苗箱の数を数えて、
ホッと一息。

販売する苗+αで、
予備の苗をたくさん用意していたので、
何とか販売用の苗は確保できそうです。

それにしても、
気を使って管理していたつもりだったのに、
どこかに気の緩みがあったのかもしれません。
つくづく反省です。
もう、
本当に。

なかなか思い通りに苗を作ることはできなくって、
米作りと同様、
苗作りも年に1回だけ。
だから毎年挑戦。
毎年反省。
毎年失敗。
毎年学習。
そうやって、
あと何年作ったら、
胸を張って良い苗できた!
って思えるのかな。

苗作りの難しさに打ちひしがれているすぐ側では、
「なえ~♪」と叫びながら、
苗をチェック(?)するcoco。

今日5月5日こどもの日、
2歳になりました。

誕生日なのに、
パーティーもプレゼントもなし。
スマン・・・。

でも当の本人、
井戸での水遊びで満足気。
「cocoのしごと!」と言いながら、
一生懸命タンポポに水をあげていました。

私が、
「おかーさんの仕事!」と言い聞かせて、
苗に水をあげているマネをしているみたい(笑)。

GW中、
毎日いいお天気に恵まれた田んぼには、
毎日トキがやってきていました。
いつにも増して、
ギャラリーが多い日々でした。

さぁ!
明日からはまた平日モードで、
田植えまで突っ走りますよ~!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です