富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

それぞれの育苗 ~他農家さん見学ツアー~

2010年5月8日 9:01 PM

苗を作り始めてまだ5年、
販売を始めてたった2年、
のピヨピヨ苗担当のワタシ・・・・。

何か、
考えれば考えるほど負のスパイラルにはまっていっているような気がして・・・。
前はこんなんじゃなかったのに。
気楽にドカーンと作っていて、
初心者だからもう、
それはそれは怖いもの知らず。
でもそれなりにいい苗に育っていた(と思う)。

それが、
3年4年と経つにつれ、
さらに販売を始めて他農家さんから苗のリクエスト、
長くて根っこがそれほどはってない取り出しやすい苗(・・・・)、
そんなのを聞けば聞くほど、
もう何が何だかわからなくなってしまった・・・・。

ので、
ここは他の、
苗を作って販売している大農家さんの苗を見せてもらおう!
ついでにいろいろ聞いちゃおう!
と、
この時期(米農家にとっては超多忙)にはありえない、
前代未聞の苗見学ツアーをワタクシ単独で決行!

大農家さんのハウスに乗り込んで、
遠慮なくビシバシ質問の嵐を浴びせてきちゃいました!

あっ、
一応遠慮するところは遠慮して、
昨日、
雨天のわりと暇な日にちを選びましたよ~、
あしからず~。

ま、ず、は!
山の上の若きドン!?
山手の農家の苗を牛耳ってるんだから、
ドンという呼び名もだてではなかろう(笑)。
巨大な燈籠、
またの名を黒部の山の灯台?!がそびえる家を目指して、
山の上へ!

そこには10数棟のビニールハウスの中で、
スクスクと育つ苗の海が広がっていました!
何とその数、
17000枚!
クラクラ~。
聞いただけで眩暈を起こしそう~。

ちなみにうちは、
たったの2800枚ですから・・・・。
もうケタが違います!

その膨大な量の苗の管理について、
潅水時間から販売方法まで根堀葉堀。

お次は、
黒部の名門中の名門!
天皇陛下へ献上されるお米を作った事もある農家さんで、
黒部自家製小麦パン作り協会会長(仮名称)さん。

これまたキレイな、
見るからに頑丈そうな苗がビシッと並んでました。
8000枚。

ワタシなんてたかだか2800枚の苗の管理でピーピー言っているっていうのに、
皆さん、
本当にすごいなぁ。
って、
ペーペーに言われたくないかもしれませんが、
やっぱり長年代々その家で培ってきたノウハウがそうさせるんだろうなぁ。

そのノウハウを、
ごっそり引き出そうとするワタシ・・・。
でも、
笑顔で答えてくれる会長夫婦。
あっ、
会長って言うと何だか年とってるみたいですが、
私たちと同年代ですから~。

最後にもう1件。
急遽ツアーをお願いしたのは、
同じ地区の同年代、
にもかかわらずあまり親交がない農家さん。

いろんな方から、
あそこはいい苗を作るよ~、
という噂を聞いていたので、
前々から興味津々。
っていうか、
今でこそうちから苗を買ってもらっている人のほとんどが、
以前はその農家さんから苗を買っていた。
たまたま今は、
うちの方が近くて便利だから買ってもらっているだけで、
きっといろいろ比べられてるんだろうなぁという思いもあったし。

かな~り勇気を出して伺ってみたら、
ビックリするくらい親切にいろんな事を教えてくれた!
ワタシがかわいかったからかな・・・・。
って、
ホントーにスミマセン!
ただただただただ疲れているのですぅ、うふふ。

それにしてもビシッとそろった苗!
に、
ハウスのパイプを利用しての葡萄を栽培されていて、
何だか心癒される空間でした。

——————

それにしても、
皆さん本当に親切に長年つちかったノウハウを、
惜しげもなく(たぶん・笑)情報提供していただいて、
感謝感謝です!
勇気とやる気と時間を捻出して、
ツアーしてみてヨカッタ!

ちなみに、
写真撮影もブログ掲載も、
どちらも皆さん快く許可していただきました★
重ねて、
ありがとうございました!

——————-

で、
肝心のうちの苗はどうなのよ?!
ってな感じなのですが、
とても同じ記事上に公開できない有様なので、
というより、
この記事長すぎなので、
また改めて明日にでも!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です