富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

乗用除草機の乗り心地

2010年5月30日 3:59 PM

雨は何とか降らずとも、
どんより曇り空、
そしてまだまだ寒い。
ストーブ、
やっぱり灯油を入れちゃおうか、
と本気で考えてます。

さてさて、
既に田植えが終わって平和なのどかな風景が広がる田園地帯に、
何やら見慣れない乗り物が、
ブィ~ンと軽~い音をたてて走ってます!

ものすご~くオープンな乗り物(笑)。
守ってくれるものは何もありません!
実はこれ、
こんな経緯で我が家にやってきた乗用の除草機

通常、
田んぼの雑草は除草剤にやっつけてもらうんですが、
無農薬の田んぼは当然除草剤も使用しないので、
雑草を何とかしてやっつけなくてはいけないわけなんです。

去年までは、
こんな風に手押しの除草機で雑草と格闘していましたが、
今年はこの、
乗用の、
つまり、
人様は乗ってるだけでオッケーの除草機で戦ってみる事にしました!

除草機についている、
何やら細かい部品がグルグルまわる事によって、
雑草をやっつけてくれます、
た、たぶん。
って、
完璧にはもちろんやっつけてくれないので、
この後1週間くらいの間隔をあけて数回入らなくてはいけません。

それでも雑草は生えてくるので、
あとは地道にテデトール!
つまり、
手で取るのみです!!

それにしてもですねぇ・・・・・
無農薬の田んぼは、
もう、
ほんとーに、
オッソロシイ程の雑草でウジャウジャ埋め尽くされています。
はっきりいって、
ゾッとします。

やつら、
まだ水面下でピヨピヨしているけれど、
これがあっという間に大きくなって、
稲より早いスピードでグングン大きくなっちゃうんですから。

そう考えると、
除草剤って本当にすごいなぁと思います。
と同時に、
無農薬で稲を育てる事の大変さをシミジミ感じます。

それにしても、
除草機が通った後の田んぼ。
雑草はもちろん、
稲までグルグルしてくれちゃっているんじゃーないかと思われる光景が広がってます。
稲、
ほとんどないし(笑)。
大丈夫なんだろうか。

ちょっとビビッて、
この1枚だけ乗用の除草機で入って、
どれくらい稲が復活してくるのか様子を見ることに。
ま、
実験です、実験!

残る2枚の無農薬田は、
去年どおりの手押しの除草機にすることにしました★

——————

農家さんで、
乗用の除草機を使用されている方がいらっしゃいましたら、
アドバイスお願いします!

——————————

平成21年産のお米、まだまだあります!
直売について詳しくは、こちらをどうぞ。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です