富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

平成22年産・無農薬コシヒカリ

2010年9月16日 9:37 PM

H22年9月10日現在、
無農薬コシヒカリは既に予約でほぼ完売となっているため、
現在注文の受付は見合わせています。

————————–

濱田ファームは、
3種類のコシヒカリ(こだわり栽培減農薬無農薬)を育てていますが、
ここでは無農薬コシヒカリをご紹介します!


(東京での農家が集まるマーケット出店の様子)

草取りがとにかく大変だけれど・・・、
労働力のわりに収穫量が少なく割に合わないけれど・・・、
でもやっぱり、
農薬や化学肥料を使わずに育てたお米を作りたい!
そして毎年このお米を待っていただいているお客様へ、
今年もお届けしたい!
そんな思いで育てたのが、
無農薬コシヒカリ。


(自噴水の水をためて稲の苗を育てるプール稲苗)

無農薬コシヒカリは、
立山連峰からの雪解け水が伏流水となって自噴する、
黒部川扇状地で育ちました。

育苗期間中は自噴水のみ、
田植え後は、
黒部川水系の水で育った水自慢のお米です!


(冬季湛水の様子と粒状に加工した米ぬか)

化学肥料は使わず、
有機質肥料だけで育てました。

また、
冬の間田んぼに水をためておく冬季湛水米ぬかの散布
さらに籾殻や米ぬかで作った自家製堆肥を散布するなど、
土作りにもかなり力を入れました!


(田植え直後の田んぼ)

田植えの際には、
苗の間隔を広くあけて植える疎植を心がけ、
病気や害虫に強い健康な稲を育てる事に努めています。


(田植え後はひたすら除草機をおしまくりの日々)

無農薬で育てたお米は、
一切の農薬を使用していません。

無農薬で最も難しい問題は、
何と言っても除草です。
除草剤を使用していないため、
除草は全て人の手で行っています。


(こんな感じで除草機を押します!)

冬季湛水をしたり米ぬかをまいたり、
抑草効果を狙っていろいろやってますが、
やっぱりこの除草機がイチバン!

まだ小さい雑草を、
くるくる土の中へ埋め込んでいきます。


(雑草を手でひたすら取るテデトール作業)

除草機が使えないほど稲が成長したら、
今度は稲刈り前までずーっと、
テデトール!

無農薬の田んぼは小さい田んぼとはいえ、
300坪以上の田んぼが3枚あるため、
腰を曲げてのテデトール作業はかなりの重労働になります。

アイガモ農法や不耕起栽培など、
除草の問題を軽減する農法も一般的に知られてはいますが、
それがいい農法だとは思えなかったり、
現実的に取り組みづらい事情があったりで、
濱田ファームでは除草機とテデトールで、
雑草との真っ向勝負に挑んでいます!


(アップルミントが植わる田んぼの畦)

田んぼの畦には、
害虫の嫌がるアップルミントを植えています。

ただし、
完全には害虫を抑えられない為、
若干の着色粒(虫食いの黒い点がある米)が混入している場合があります。

着色粒は、
食味には関係ないと言われておりますので
そのままお召し上がりいただけます。

(実際は目視しただけでは気づかない程度に抑えれられています。)

●減農薬コシヒカリの価格(玄米・税込み)

10 kg  7000円
 5 kg  3500円

精米は無料です。
ご注文後に精米します!
精米の段階で、
米ぬか分で1割重さが減ります。

また小袋もあります。
お試し用やお土産用などにどうぞ!

1.5kg=10合(精米・玄米)1400円
300g= 2合(精米・玄米) 350円

————————–

お米の直売について詳しくは、
こちらをご覧ください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です