富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

稲刈り10日目!

2010年9月26日 4:10 PM

今日も爽やかな秋風が吹く中での稲刈り、
10日目!
例年ならもうこの時期にはすっかり稲刈りが終わっている頃ですが、
今年はやっぱり雨の影響が重くのしかかっています・・・・。

来週火曜日には何とか終わらせて、
新米お届けの準備に備えたいところだったんですが、
火曜日が微妙なお天気で・・・。
あうー、
どーしよー。

さて、
ぐっちゃぐっちゃの田んぼで、
悪戦苦闘七転八倒するともまるを見つめる一人の男性。
オークリーのサングラスに、
エーグルの長靴が都会の風を感じます。
しかーも!
Cocoがすっかり懐きまくり、
しっかり抱っこまでしてくれています。
はて、
この男性はだれ・・・?

実は、
今日もともと予定していたテデカリトールに参加すべく、
わざわざ石川から来ていただいたともまるの友人。
以前、
テデトール体験にも来ていただいた事があります。

残念ながら、
テデカリトールどころではなくなってしまったので、
これぞ本気のリアルな稲刈り!
というものを体験していただくことに。

楽しげな稲刈り体験とは違って、
本気&リアルな稲刈りは実はけっこうハード、
しかもつまらない・・・・。
せっかく来ていただいたのに、
本当に申し訳ありませんでした・・・・。

でもま、
これも本来の農業の姿っていう事で、
ともパパの指導(?)のもと、
稲刈りの補助の作業をやっていただきました★

補助の仕事って、
コンバインが刈り取れない田んぼの四隅を手刈りしたり、
コンバインが刈りづらい外周で刈り残した稲を救出したり、
と、
コンバインの周りでちょこちょこと動くので、
大変&危険な作業です。

毎年悲惨な事故のニュースを聞くので、
コンバインのオペレーター(ともまる)はもちろん、
補助の人も十分な注意が必要!

手刈りした稲をよっこらしょっと集めるだけでも、
何枚もの田んぼをこなしてくのは面倒な作業です。

ともパパ、
いつもそうなんですが、
私がカメラをかまえるとカメラ目線に・・・・(笑)。
いいんです、いいんです、自然体で!
作業の様子を撮りたいんですから~。

補助の仕事は他に、
刈り取った籾を作業所に運んで、
乾燥機に張り込んだり(これがメイン、これの往復の繰り返し)、
コンバインが田んぼから道路に上がってきたときに、
ドロドロ(特に今年は!)の土を大量に落としていくので、
道路をキレイにしたりと、
コンバイン様が作業をしやすい様に動き回りまくります。

さてその頃私たち母娘は、
田んぼの側の会場で行われていた、
とあるイベントで遊びまくってました!

だって今日は日曜日。
Coco様保育園をお休みあそばされてますから(意味不明な敬語だー)・・・。

いつも何かとお世話になっている、
あの店チョーも出店していると聞いて覗きにいって見ると、
何とうちのお米のおむすびが販売されているじゃーないですかー!

でっかいおむすびの中には、
店チョー特製の梅干しがイン!
美味しかったです、店チョー!
ごちそうさまでしたー!!

店チョーはじめ、
知り合いだらけの出店ブースをまわりまわり、
そうして外に出たとたん、
Coco猛ダッシュー!
一目散に私の手を離れて水の中へ・・・・(泣)。

あああ、
濡れる!
濡れるぅー、
濡れる・・・
ま、
しょっがないっか。

そんな楽しそうにしていたら、
そんな笑顔を見ていたら、
もうおかーさん、
とめる気になれないよ。

で、でも、
それはちょっとやり過ぎじゃ・・・。

もう全身びしょ濡れになったので、
猛ダッシュで帰宅!
稲刈りをしている田んぼの脇をチャリチャリーと自転車で通り過ぎ、
家路につきました。

はぁ、
すっごい疲れた。
育児はとにかく疲れる!
普通に仕事をしている方が私の場合は楽じゃ!

そんなわけで、
月曜日からは6日間フルで!
ワタクシ働きます!
そろそろ本気でやばくなってきた、
新米お届け準備をやっつけまーす!

皆さん、
新米もう少し待っててね★

———————————

平成22年産・新米の直売については、
こちらをご覧下さい。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です