富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

大口配達・・・・。

2010年10月14日 4:20 PM

本当は、
今日は麦の種まきをするために田んぼを起こす予定だったんだけれど、
ともまるの腰の調子がやっぱりいまひとつで・・・。

トラクター作業って実は、
いちばん腰にくるんだって。
トラクター後部についている作業機の動きを確認する為、
後ろを見ながら微妙な振動の中で同じ体勢でずっとずっと乗るのは、
ものすご~く腰に負担がかかるようです。
もちろん!
腰痛体操もするし腰ベルトも装着してるんだけれど、
それでもダメみたいです・・・・。

 

ともまるの腰がダメなので、
今日の大口配達(30kg×23袋)は、
このワタクシが担当させていただきました!!!

まずは、
フォークリフトで米を移動移動。
フォークリフトくらいは動かせるともまる。
よかった、
さすがのこのワタクシも、
フォークリフトの運転は苦手で・・・・。

 

米を用意したら、
米袋に表示する記載事項をカキカキ。
これ、
きっちり法律で定められていて、
間違った表示をするとお上からダメだしされます。
当たり前か。

  

そしてひたすら、
米を積みなおす。
よっこらしょ、
よっこらしょっと。

30kgの米袋は、
そのまま素手で持つとツルツル滑るわハンドリング悪いわで、
かなり重たく感じるし持ちづらいんですが、
ご覧のように滑らないボチボチ付きの軍手でガシッと持てば、
けっこういけます!

 
でもやっぱり重たいけれどね・・・。
ワタクシぐったり。

でもここからが本番!
お客様のお宅へ配達配達!!
 

軽トラの荷台にフォークリフトで積みなおして、
ブイ~ンと直行。

その後のワタクシの死闘は、
あまりにもすさまじく写真はなし(笑)。

そうそう、
ともまるは腰が痛いけれど、
ワタクシすっかり忘れてたけれど右ひざを捻挫していて、
ヨチヨチ歩きだったんだ。

がんばったぞ私!
えらかったぞ私!
ボーナスよろしく、ともまる~

———————————

 

 

平成22年産・新米の直売については、

こちらをご覧下さい。

 

コメント

2 Responses to 大口配達・・・・。

  1. Sonore より:

    がんばりましたね!!
    我が家でも似たような事件はあります。妻がこういうときに助けてくれることがどれだけ夫にはありがたいか・・・・。でも、重たそう!!

    時々、濱田ファームの前の道路を通っています。心で手を振って通り過ぎておりますよ。

  2. ともまる より:

    Sonoreさんへ
    家の前を通り過ぎておられるとは!
    だらだらとしていられませんね。

    腰痛は本当につらいものです。
    しかも動けないもどかしさといったら・・。
    妻には申し訳なく思っております。
    ボーナスも本気で考えないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です