富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

青空のみの市

2010年11月8日 4:16 PM

農作業の様子はど~でもいいから(えっ?!)、
休日の様子をもっと更新しろ!
とのリクエストが多いので、
それでは今週から、
我が家のぐうたらしている様子でもお伝えしましょう★

昨日は第一日曜日。
第一日曜日といえば、
ここ富山では護国神社での蚤の市!

富山だけではなく、
北陸からも人が集まり、
北陸以外からも出店者がくるという蚤の市!

骨董品はもちろん、
農産物に加工品、飲食ブースもけっこうあると聞いていて、
前々から行ってみたいなぁとは思っていたものの、
何せ朝早い市のようで・・・・(朝6:00~)。

 

昨日ようやく念願かなって、
6時半に家を出発!
7時過ぎには神社に到着、
蚤の市に潜入です!

境内はご覧のとおり。
たくさんのお店でにぎわっています。
とりあえずは今年1年の農作業も無事終わったことを神様に報告。
報告?
ちゃんとしてる、coco様~?!

それにしても寒かった!
到着してしばらくは、
ダウン&ブーツで丁度いい感じ。
でも日が上がってきたら温かくなってきて、
上を見上げると飛行機が通り過ぎる青空。

「お~い!ひこ~き~!ばいば~い!」
とものすごい大声で飛行機にぶんぶん手を振るcoco。
か、かわいい♪♪♪

  

骨董品とはいえ、
ガラクタばかりではなくけっこう良い物もたくさんありました!
ゆっくりじっくりのんびり物色したかったところだけれど、
cocoがいるとねぇ・・・・。

知り合いの方も多数遭遇!
店チョーの奥様(お声をかえられなかったです、残念・・・・)、
お気に入りの洋服屋さんのオーナーさん、
先日カナダ話で盛り上がった洋服屋さんのスタッフさん、
金沢視察で立ち寄ったカフェの方、
以前訪れた能登のうどん屋さん併設の喫茶店の方、
などなど。

黒部でさえ誰にも会わないのに、
護国神社には皆さん、集まってくるんですね~。

飲食も充実!
甘いものからしょっぱいものまで、
ジャパニーズからインディアンまで、
コーヒーからチャイまで、
何でもありありで食べ歩きだけでも楽しかった!

蚤の市は1年中開催されているようです。
興味のある方は是非!
私たちもまた行きたいけれど、
cocoの暴走を考えると恐ろしくて二の足を踏む・・・・。

———————————

 

 

平成22年産・新米の直売については、

こちらをご覧下さい。

コメント

2 Responses to 青空のみの市

  1. Sonore より:

    一度行きたいと
    こんにちは。この市は一度行ってみたいと思いつつ年月だけが過ぎ去っています・・・。
    cocoの暴走話に我が家の小4の息子もすごかったなぁと思い出しております。もう少しの辛抱じゃないでしょうか。あの頃はすごかったなぁと懐かしく思える日もそんなに遠くないことでしょう。

    先の土曜日、用があって仕事を少し早めに切り上げて糸魚川から黒部に車を走らせました。食事をしてからメルシーに寄ると、お米を販売されているコーナーに見たことのあるお顔が。
    ともまる様ではないですか。お仲間とコーナーのセッティングでもされたいたのでしょうか?
    つい、お声をかけさせていただきました。
    黒部にはしばしば出没させてもらっていますので、遭遇もあるかと思っていましたが、これほど早く生ともまる様にお会いできるとは!
    我が家はこのところこのメルシーの売り場で、濱田ファームやお仲間達のお米を求めさせていただいております。それぞれ個性が違って、それぞれに美味しいですね。
    突然、お声をかけて失礼いたしました。

  2. ともまる より:

    偶然でしたね。
    Sonoreさんへ
    本当に偶然お会いする事ができ、私も驚いております。
    メルシーでの取り組みは「こめぷろ」の最初の事業でしたので、
    いまでも思い入れの強いコーナーです。
    是非色んなお米を試して頂き、結果的に濱田ファームをを選んでもらえたらとても光栄な事だと思っております。
    cocoさま、いつの日か大人しくなってくれるのでしょうか・・。暴れん坊将軍は今夜も健在でございます・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です